fbpx

なぜビットコイン急騰?世界が注目する「100万円ライン」に急接近した背景=大平

昨日5月27日からビットコインが高騰し、100万円に近い価格まで上昇しました。ここからどう動くのか?年末までの展望を解説します。(『大平の仮想通貨実践投資メルマガ』大平)

※本記事は有料メルマガ『大平の仮想通貨実践投資メルマガ』2019年5月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

年末までに100万円は超えてくる?ビットメックスCEOの見方は…

100万円に届くか?

ビットコインが高騰し、100万円に近い価格まで上昇しました(※編注原稿執筆時点2019年5月27日)。

ビットコイン日足チャート

ビットコイン日足チャート

海外は9,000ドル(99万円)にトライとニュースになっています。どちらにしてもビットコインの節目となる重要な価格となります。

チャートを見ると、80万円から90万円のボックスを一気に抜けてきています。もしここから(98万円)価格が下がっても、テクニカル的に言えば、90万円がサポートラインとなり、そこから跳ね返り上昇する可能性が高くなると言えます(要するに押し目)。

ビットメックスのCEO・アーサーヘイズが今年は100万円と話していたのにも関わらず、もう100万円を試す価格上昇となり、今年の2月の40万円の価格が2018年1月からの下落相場での「底」であるという可能性が非常に高くなっています。

今回の値上がりはすごい

今回はビットコインが100万円をトライする方にになっていますが、この価格は今回びっくりしています。

ビットコインの最高価格は、短期的に記録した約200万円。

しかしながら、それは投機的な資金が流入した非常にリスキーな相場と言え、その200万円と今回の上昇を比べるという感じでは私は見ていません。

ビットコイン週足チャート

ビットコイン週足チャート

今回の価格の底を「フレーズ1」として、2と3の価格のゾーンを記載しています。

現在は、昨年の7月の水準の(2)のゾーン。次の目標値が(3)となります。

そして、2017年末にわずか1ヶ月の間に大高騰したビットコインは、高騰(バブル)直前の価格帯は70万円から80万円の水準と見ています。

つまり、すでにこの価格帯を超えているのです。

この状況で安定している相場が続くのであれば、本当に大口投資家が2〜3月あたりから資金を入れて投資している可能性がより一層高くなっています。
※2〜3月には中国やヘッジファンドなどの大口投資家がビットコインを買っているというニュースが流れていました。

より適正な価格として2017年末の相場と比べて考えることができます。

Next: 年末までに100万円は超えてくる?ビットコイン相場の展望は

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい