fbpx

日経平均、大幅反発367円高も戻り足りぬ。来週メジャーSQ後に値崩れか?(6/5)=橋本明男

今日の東京市場は全面高となりましたが、日経平均はまだ戻り足りません。最低でもあと250円は欲しいですし、あるでしょう。問題はその節目にいつ届くかです。(『相場コラム『わしの罫線』』橋本明男)

きょうの日経平均は大幅反発、前日比367円高の2万776円

まだまだ戻り足りない日経平均

昨日、ニューヨークダウは512ドル高と急騰いたしました。これを受けまして、今日の東京市場も全面高。

日経平均は、367円高の2万776円
トピックスは、30.99ポイント高の1,530.08ポイント
出来高は、概算12億8千万株

で終わっております。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

さすがに売り込まれているだけあって、急伸する銘柄が続出です。

日経平均はまだ戻り足りません。最低でもあと250円くらい欲しいところですし、また、あるでしょう。

節目にいつ届く?

問題は、その節目にいつ届くかです。

最大波動の節目2万1,450円を上抜くようなら、昨日6月4日が12月安値に対する二番底だった可能性が出てきます。

また、戻り売りが多くてなかなか届かないようですと、来週メジャーSQが終わった後に急に値崩れすると思われます。

基本的な考えとして、25日線を抜き、かつ25日線が上向いて来るようにならなければ、上昇波突入となりませんので、まだまだ遠い道のりと言わざるを得ません。

個別銘柄では、日経平均さえ崩れなければ、割安な銘柄はいくら買われたって不思議ではありません。鉄鋼株の小型がその展望です。

さて、まだしばらく買い目線で良いと思います。

では、御健闘を祈ります

【関連】止まらぬドイツ銀行株の暴落、破綻秒読みで「リーマン超え大暴落」の起爆剤となるか=今市太郎

【関連】失業者を「引きこもり」と呼ぶ日本、政策失敗を個人の資質問題にすり替えている=児島康孝

【関連】ファーウェイはもう終わり。中国と本気で怒った米国との対立が世界にもたらす7つの厄災=鈴木傾城

相場コラム『わしの罫線』』(2019年6月5日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

相場コラム『わしの罫線』

[無料 平日刊]
チャーチスト歴35年!【橋本罫線考案者】テクニカルのプロである橋本明男が毎日綴る相場コラム。日々の株式市場の動向から、短期的・中期的な相場の行方を予測。また、東証1部の銘柄を中心に、今が狙い目の個別銘柄の情報も掲載しています。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい