fbpx

なぜ?韓国で米軍やアメリカンスクールが南へ移転中。和平か軍事衝突か=児島康孝

ソウルのアメリカンスクールも閉鎖

在韓米軍の司令部の移転による当然の閉鎖なのか、あるいは、何らかの意図があるのか。様々な憶測を呼んでいるのは、ソウルのアメリカンスクールの閉鎖です。

当然、軍事的な動きがあれば、アメリカンスクールも、そこに通う生徒たちも、壊滅的な被害を受けます。

軍事的な動きの前には、閉鎖しておく必要があります。

北朝鮮のミサイル実験は続く

こうした中、北朝鮮が2019年5月に発射実験を行った短距離ミサイル「イスカンダル」は、ロシア製もしくはコピーで、射程距離は400〜500キロに及びます。

実際に北朝鮮は、ミサイルの一部を、北朝鮮の北西部から日本海に向けて発射。1つは、420キロほど飛んでいます。これはもう実験というより、すでにミサイル試射の段階です。

韓国全土は射程距離内にあり、日本も飛ばし方や改良によっては脅威です。

ロシア製で技術はしっかりしているわけで、ミサイルの移動も軍事車両で容易。実戦で十分に使用できるわけです。

北朝鮮の短距離ミサイル発射は、アメリカの動きを牽制した可能性もあります。

Next: 朝鮮半島統一か、北朝鮮の壊滅か。ミサイルは日本にも向けられている

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい