fbpx

また就職氷河期世代をいじめるのか?骨太方針「3年で30万人を正社員に」の白々しさ=高梨彰

バブル崩壊期「大量採用」のツケが回ってきた

なぜ就職氷河期が訪れたか。それは「就職氷河期直前に、企業はバブル崩壊が始まっていたにも関わらず大量採用を行った」という点です。

年の近い先輩世代の人数がやたらと多いのです。人口動態ならぬ「社員動態」のコブのツケが就職氷河期世代に回って来た形です。

どんな世界でも「大量採用」時には「残念な人材」が増えがちです。

政治の世界でも、民主党政権の「小沢チルドレン」や現政権の「魔の3回生」から出て来た「問題議員」にしても、大量当選により生まれたものです。

そのツケの整理もなく雇用促進と言われても、期待する人は少ないはず。仮に雇用されても「またか」と、自らの世代を恨むだけです。肩身の狭さは解消されないでしょうから。

その場しのぎの支援には期待するだけムダ

言い換えれば、そんなツケへの恨みを解消させる政策ならば就職氷河期世代も受け入れるはず。

しかし、その場しのぎに終始する政治家たちに、そんな細やかな配慮を期待するだけ無駄だということも理解しています。

だからこそ、表面的な「支援プログラム」は「ケンカ売っているのか」に繋がるのです。

野党への期待がほとんどない分だけ、市場も政局を軽視しているようにみえます。それだけに、骨太の方針への違和感は気掛かりです。

<今回のまとめ>

・「骨太の方針」にて、就職氷河期世代を支援、と
・表面的な支援はむしろ反感を増すのでは
・何かと10年前の政権に対する違和感と重なります

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 6月配信済みバックナンバー>

※2019年6月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年6月配信分
  • 骨太の方針への違和感(6/12)
  • 「ぱっさぱさ」の東京市場(6/11)
  • 米実体経済鈍化まで続く株高(6/10)
  • 国債1,000兆円を批判するならば(6/7)
  • 株高、のち物別れ(6/6)
  • お守り役、Fed(6/5)
  • 対中追加関税受けて、メキシコに移転したのに(6/4)
  • 「いくら何でも」の域に達したトランプ(6/3)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2019年6月12日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込864円)。

2019年5月配信分
  • 「不安」より先に「不安後」を反映させる相場(5/31)
  • 牛丼並盛の宅配、285円(5/30)
  • 資本は増える、利益は伸びず(5/29)
  • 波乱要素が波乱を呼ばず(5/28)
  • 表舞台で映えるトランプ(5/27)
  • 市場の金さん、市場の桜吹雪(5/24)
  • 困惑に満ちた地合い(5/23)
  • 日本株、踏み上げ時機なので(5/22)
  • 指標や市況、「速報」と「続報」(5/21)
  • 「リーマン級」は見込めなくても、気合いのGDP(5/20)
  • 「拡大局面」なのに「売上増えない」とは(5/17)
  • トランプはさておき(5/16)
  • トランプ砲、気になることが2つほど(5/15)
  • 余裕残しの米株、常に土俵際の日本株(5/14)
  • 「ヤ」の世界な相場(5/13)
  • 交渉は続くよ何処までも(5/10)
  • 気が付けば中途半端、トランプの「取引」(5/9)
  • VIX売りが諦めるまで(5/8)
  • トランプの米株高活用術(5/7)

2019年5月のバックナンバーを購入する

2019年4月配信分
  • 「やりたいようにやれよ」を願う、平成最後の取引(4/26)
  • 連休前に仕込もうにも(4/25)
  • 大迫選手のツイートと「後出しジャンケン」な組織(4/24)
  • 三バン優先の先にある原油高(4/23)
  • 「選挙おじさん」当選の意味(4/22)
  • 不安を煽り、議席と株高を呼ぶ(4/19)
  • 米中貿易交渉、東京で千秋楽かも(4/18)
  • 金相場に日本国債、中々鳴らない「株安のゴング」(4/17)
  • 金融株停滞と「ジャパン・アズ・ナンバーワン」(4/16)
  • 備えたばかりに憂いだけ(4/15)
  • 外国勢は買いを入れるも(4/12)
  • 市場はFedの利下げを期待し過ぎかも(4/11)
  • 正しい感覚、「は?」(4/10)
  • 渋沢栄一、円高のシンボル(4/9)
  • 直近の出来事は日本にも株高を促す(4/8)
  • 「うるわしき相場」は「令和」になってから(4/5)
  • 『翔んで埼玉』の通行手形と危機回避ポジション(4/4)
  • EU離脱に備えようと、金融市場は単なる写し絵(4/3)
  • ドル高を助長させるFedのハト派化(4/2)
  • 年度の計は4月1日にあり(4/1)

2019年4月のバックナンバーを購入する

2019年3月配信分
  • 煽り役としての新元号(3/29)
  • 今度は金利「低下」を嫌気だそう(3/28)
  • 外野は「言い切り」、当事者は「妥協」(3/27)
  • 金融市場に柏原芳恵降臨(3/26)
  • 「ビハインド・ザ・カーブ」が囁かれる段階(3/25)
  • Fedがハト派でも、そんなにドル安には(3/22)
  • トランプのCNN称賛、減速へのアネクドータル(3/20)
  • ビルド・ボール減って、ビットコイン先物消える(3/19)
  • 不安と期待、保護主義化か否か(3/18)
  • 「待つしかない」未来予想図(3/15)
  • 逆イールドと現代金融理論(3/14)
  • ドナウ川の欧州、エヴァは困る737MAX(3/13)
  • 経済指標がドル高と囁きます(3/12)
  • 「周りの人々」の支援、高値掴みでは…(3/11)
  • 借金のシワ寄せ(3/8)
  • メガバンクの損失計上と運用部門に不可欠な能力(3/7)
  • ドル高反転を先走っても(3/6)
  • 「素みそ汁」と「有り難う(ペコリ)」(3/5)
  • ”It is true, but…”な世界(3/4)
  • 3月、相場のゴールは見通せず(3/1)

2019年3月のバックナンバーを購入する

【関連】ファーウェイはもう終わり。中国と本気で怒った米国との対立が世界にもたらす7つの厄災=鈴木傾城

【関連】「食の安全」は崩壊へ。ついに日本の農業を米国に売り渡す密約を交わした安倍政権

1 2

高梨彰『しん・古今東西』』(2019年6月12日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

高梨彰『しん・古今東西』

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
チーフストラテジストとして、年200回ほど発行していたメルマガ『古今東西』が、『しん・古今東西』としてここにリニューアル。株・債券・為替などの金融市場全般から、マクロ経済、市場心理など、「これ何?」なことを徒然なるままにお伝えします。四方山話も合わせ気軽に読めて、しかも相場を「自分で判断出来る」ようになるメルマガです。是非一度お試し下さい。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー