fbpx

株主優待最強?使い勝手抜群のクオカード優待銘柄ベスト5【7月優待ランキング】

株主優待のなかでも人気のQUO(クオ)カードがいただける銘柄が、7月権利分では5つあります。今回はこの5銘柄を年間配当(予想)と優待利回りでランキングしました。

プロフィール:トコタン
投資歴20年。長年の経験から、優待とキャピタルゲイン(値上がり益)を得ながら資産を形成した優待投資家。運用ブログ『とことこトコタンの株主優待ブログ

利回りのほかに、長期保有特典や年2回優待などもチェック

配当利回りと併せて最大で3.27%の不二電機工業が1位

小暑を過ぎ、いよいよ夏本番といったところですがお変わりなくお過ごしでしょうか。 暑い日が続きますが、くれぐれも体調を崩さぬよう、水分をしっかり補給しましょう!

株主優待には、夏の水分補給でも活躍するコンビニなどで使用できる『クオカード』をもらえる銘柄が沢山あります。私はこれまでに、どれだけクオカードを使ってドリンクやアイスクリームなどを買ったか数え切れないほどです。

みなさんも株主優待でクオカードをもらって、コンビニで飲みものなどを好きなだけ買える優越感を味わってみてはいかがでしょうか?

7月権利分では、クオカードがいただける銘柄が5つあります。今回はこの5銘柄を年間配当(予想)と優待利回りでランキングしました。

優待でクオカードを出す銘柄が増えたこともありますが、私の場合は昨年は432銘柄中で125銘柄、全取得のうち約3割がクオカードです。他の優待と比べてかさばらず、優待券等と違って使用期限がないうえに使えるお店が多いので、いろいろな場面で使える点が私のなかでは最強優待だと思っています。

私は、コンビニではクオカードでしか買い物しない主義。昨年末のクリスマスには、クリスマスケーキやオードブルなど、すべてクオカード払いのみで楽むことができました。

コンビニやファミレスだけでなく、ガソリンスタンドや東京ディズニーランドの一部オフィシャルホテルの支払いにも使えるのがいいですね。私の目標は、いつかクオカードでの支払いだけでオフィシャルホテル(東京ベイ舞浜ホテルとサンルートプラザホテル東京でクオカード使用可)に泊まることです。

ただし、クオカードは自社製品ではないため企業名負担が大きく、優待廃止のリスクが高いところは注意が必要だと思っています。

7月は優待が頂ける銘柄自体が少ない月となりますが、今回紹介する銘柄はどれも10万円前後で購入できるので、気になった方は調べてみるのもいいかもしれませんね。

Next: 1位、2位の銘柄の優待+配当利回りは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい