fbpx

株主優待最強?使い勝手抜群のクオカード優待銘柄ベスト5【7月優待ランキング】

《3位》Casa<7196> 利回り:3.09%

《優待銘柄情報》
Casa<7196>
最低単元購入価格:11万6,400円(※7月8日終値)
配当26円(2.23%)+優待1,000円(0.86%)= 3.09%
権利付き最終日:7月末日
《優待内容》
★QUOカード
100株以上で1,000円相当
500株以上で2,000円相当
1,000以上で3,000円相当

《4位》ブラス<2424> 利回り:2.88%

《優待銘柄情報》
ブラス<2424>
最低単元購入価格:7万6,300円(※7月8日終値)
配当12円(1.57%)+優待1,000円(1.31%)= 2.88%
権利付き最終日:7月末日
《優待内容》
★自社店舗で利用できる披露宴割引券
100株以上で100,000円相当

★QUOカード
100株以上で1,000円相当

★株主様向け食事会へ特別価格でご招待
100株以上で未定(※詳細は決まり次第発表)

《5位》ネオジャパン<3921> 利回り:1.75%

《優待銘柄情報》
ネオジャパン<3921>
最低単元購入価格:9万4,100円(※7月8日終値)
配当6.5円(0.69%)+優待1,000円(1.06%)= 1.75%
権利付き最終日:1月末日、7月末日
《優待内容》
★QUOカード
100株以上で500円相当
200株以上で1,000円相当

優待投資の注意事項

2019年7月16日(火)から取引ルールが変更され、権利確定日の2営業日前が権利付き最終日となります。

▼7月末日が権利確定日の場合、今年は7月31日(水)。
権利付き最終日は7月29日(月)となります。

権利付き最終日(この日までに株を買っておく):7月29日(月)
権利落ち日(株を売ってもよい日):7月30日(火)
権利確定日:7月31日(水)

また、権利付き最終日の翌営業日は「権利落ち日(けんりおちび)」と呼ばれるので、こちらも一緒に覚えておきましょう。

※この記事は、あくまで優待の観点から銘柄を紹介するランキングです。実際の投資判断はご自身の投資ルールを守って行ってください。

【関連】東京福祉大学「消えた留学生」を裏から斡旋?外国人を食い物にする4つの団体が判明=山岡俊介

【関連】韓国経済に致命傷。輸出規制は反日の報復ではなく、北朝鮮への「横流し」対策だった

【関連】なぜ日本人は社畜を続ける?違法な時間外労働、約半数が過労死ライン超え=鈴木傾城

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー