fbpx

まもなく世界的な下げ相場に。米利下げを控えた日経平均の想定レンジと展望(7/26)=橋本明男

日経平均の想定レンジは?~7月29日週の展望

何度も申し上げたことですが、3ヶ月前のゴールデンウィーク、4月29日~5月3日まで丸々1週間休場でしたので、週足が存在しておりません。

相場のことを知らないお役人の愚策ですが、これによって日足も週足もちょっと私の相場観測法では計算しずらいところになっております。

従いまして大まかな計算になりますが、日経平均の変動レンジ、これは珍しく3週連続で同じです。

上限:2万1,902円
下限:2万0,560円

大きな変動レンジですから、急落があったっておかしくないところです。

7月31日のFOMCでの利下げ、これがどんな結果であれ株式市場は世界的に下げに入ると思われます。その理由のいちばんは、上昇日柄の終了です。

では、御健闘を祈ります。

【関連】ミニストップ、193店閉店で経営悪化が止まらない。もう取り返せない4つのしくじり=栫井駿介

【関連】損保ジャパン4000人削減で最悪の労働搾取モデルが完成。業務自動化で年収250万減へ=今市太郎

【関連】かんぽ生命、悪質な二重徴収は組織的詐欺。なぜ政府は販売中止・資格剥奪をしないのか?=今市太郎

image by:fizkes / Shutterstock
1 2

相場コラム『わしの罫線』』(2019年7月26日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

相場コラム『わしの罫線』

[無料 平日刊]
チャーチスト歴35年!【橋本罫線考案者】テクニカルのプロである橋本明男が毎日綴る相場コラム。日々の株式市場の動向から、短期的・中期的な相場の行方を予測。また、東証1部の銘柄を中心に、今が狙い目の個別銘柄の情報も掲載しています。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー