fbpx

非正規年収300万円の30代後半男性が、はじめて結婚を意識したとき準備すべきこと=山本昌義

30代後半、年収300万円の非正規社員男性。今回は、そんな経済力も交際経験も若さもない男性の結婚について、一つの対処法と考え方をお伝えします。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

今持っている、結婚したいという気持ちは本当なのか?

今週の実例は『結婚』 ~年収も交際経験もない男性の婚活出発点!~

今回は30代後半の独身男性から、結婚についてお話をいただきました。

「今更ながら結婚が気になりました。どうしたらいいでしょうか?」

本人は年収300万円の非正規社員で、今まで一度も交際経験がないそうです。それでも、結婚するならギリギリと感じどうしたらいいか分からなくなったとのこと。

一種の就職氷河期世代の犠牲者…でしょうか。生活が最優先で精一杯、恋愛など二の次、他人事…。少しでもお力になれれば幸いです!今回はそんな、経済力も交際経験も若さもない男性の一つの対処法と考え方についてお伝えします。

さて、まずは基本ですが『今一度、まず転職活動に励む』やはりこれが大切でしょうね。

これも厳しいのは百も承知ですが、それでも!というのも、婚活は相手あっての物種で年収の低い男性は中々女性に相手にされません。

また婚活自体、相応にお金のかかることですし尚更。さらに残念ながら、結婚できる可能性も高くなく結婚できないなら、余計に経済力が重要です!

一人で今後を生き抜かなければ…ですからね。

このため、婚活や結婚の有無を問わずまずあなたに必要なのは経済力といえます。

一方、多少の経済力が付いたとしてもそれだけで結婚できる訳でもありません。

特に大切なのは「人間力」と「女性経験(慣れ)」。

これらを磨くためにも、できれば営業職または相応に女性の多い職場に転職できれば吉です。社内恋愛の可能性も出てきますし、尚更ですね。

少し気の長い話と感じられたと思いますがそのくらいの長期戦を前提に、励んでいきましょう。

なお、まもなく国からの支援がある予定です。そちらも忘れずチェックして下さいね。

Next: 結婚は、必ずしもしなければならないものなのか?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい