fbpx

WeWorkは今後利益を伸ばしていくことができるのか?有名シェアオフィスRegusと比較した結果=シバタナオキ

米有名シェアオフィスRegus(IWG)との比較

ユニットエコノミクスに分解してみます。

         WeWork IWG
============================
面積(sqft)     45m 50m
Workstation数    604k 547k
年間売上      $1.8B $3.4B
席あたり面積(sqft) 74.5 91.4
席あたり年間売上  $2,980 $6,216
面積あたり年売上  $40  $68
面積あたり年粗利益 -$61  $10

ここから以下の2点が読み取れるのではないでしょうか。

  • WeWorkはIWGよりも、1席あたりの面積が18.5%少ない
  • WeWorkはIWGよりも、面積あたりの売上が41.2%少ない

ただしWeWorkは成長率が非常に高いため、一年間の売上で見ると年初と年末で大きな違いがあり、必ずしも正確な分析ではないことをご理解いただければと思います。

またWeWorkは最近オープンしたオフィスも非常に多いため、そういったロケーションに関しては必ずしもワークステーションが全て埋まっているとは限りません。

いずれにしても、これだけを見ると本当にマージンがしっかり出るのか分からないWeWorkですが、以下ではもう少し掘り下げてグロスマージンが出るのかどうかをしっかり見ていきたいと思います。

この記事は、不動産ビジネスに関心がある方、ユーザーとしてシェアオフィスを検討している方、設備投資が必要なビジネスをしている方、シェアリングエコノミーに関心がある方に最適な内容になっています。

続きはご購読ください。初月無料です

WeWorkの現在のグロスマージンは?

WeWorkの目標グロスマージンは?

WeWorkが儲かる(かもしれない)カラクリ

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『決算が読めるようになるノート』2019年8月29日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】日本で急増する「住所を喪失」した人たち~車上生活、漂流女子、8050問題が行き着く地獄=鈴木傾城

【関連】仮想通貨リブラ、世界の基軸通貨化に現実味。フェイスブックが米ドルを駆逐する=高島康司

【関連】GSOMIA破棄~韓国は筋を通すべき、全責任は安倍日本にある=世に倦む日日

image by: photobyphm / Shutterstock.com

1 2 3

『決算が読めるようになるノート』 2019年8月29日号『Q. WeWorkのシェアオフィスは利益が出るビジネスなのか?』より抜粋
※記事タイトル・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

決算が読めるようになるノート

[1,001円(税込) 週2回程度]
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー