fbpx

サウジ石油施設爆撃の手軽さに世界が震撼。軍隊なくてもドローンで石油産業壊滅へ=児島康孝

現地時間14日未明、サウジアラビアの石油施設が攻撃を受けて炎上。生産が停止して原油価格が急騰しています。その攻撃の容易さは、世界に驚きを与えています。(『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』児島康孝)

有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

サウジアラビアの石油輸出を止めるのは簡単?緊迫化する中東情勢

複数ドローンの同時攻撃か

サウジアラビアの石油施設の炎上の映像をみますと、複数の場所から、火が上がっています。

これは、複数のドローンによる攻撃を示しています。

つまり、1つだけ命中したとか、そういうレベルではなく、狙いを定めた複数同時攻撃ということです。

もう強大な軍隊は要らない

これは、世界に衝撃を与えています。

犯行声明を出したイエメンのフーシ派は、一定の武力を保持しているとはいえ、それほど強大な軍隊を持つわけではありません。

フーシ派がサウジの半分の石油生産を止めることができるというのは、予想されていなかった大きな脅威です。

サウジの石油輸出に大きな影響

今回の事件は、サウジの石油輸出の信頼性に大きな影響を与えます。

原油<WTI原油先物> 日足(SBI証券提供)

原油<WTI原油先物> 日足(SBI証券提供)

つまり、順調に輸出できるかどうか、今後はわからないということになります。

Next: サウジアラビアの石油輸出はかんたんにマヒする? 緊迫化する中東情勢

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい