fbpx

33銘柄と少ないなかでも選ぶべきはこれ、10月の優待銘柄ベスト5【優待ランキング】

《5位》日本ハウスホールディングス<1873>

日本ハウスは在来型注文住宅の大手で、岩手県から全国展開した会社です。2015年に東日本ハウスから日本ハウスホールディングスに社名変更しました。

こちらの株主優待は、日本ハウスホテル&リゾートが販売するカレーギフト4点となります。

2016年度までは銀河高原ビール製造の『小麦のビール缶 12本セット』でしたが、2017年10月末に株式会社銀河高原ビール製造が株式等譲渡で連結子会社から除外されたことにより、株主優待品が銀河高原ビールから現行の日本ハウスホテル&リゾートが販売する『カレーギフト』に変わりました。

《優待銘柄情報》
日本ハウスホールディングス<1873>
最低単元購入価格:5万1,500円(※9月27日終値)権利付き最終日:10月末
《優待内容》
★(株)日本ハウスホテル&リゾートが販売するカレーギフト4点
1,000株以上
①ホテル東日本宇都宮特製ビーフカレー
②ホテル森の風那須特製チキンカレー
③ホテル森の風立山特製ブラックカレー
④ホテル森の風鴬宿特製きのことひよこ豆カレー

DSC_2632

ホテル&リゾートのカレーということもあってパッケージに高級感があります。レトルトカレーと侮っていましたが、4点では足りないほど美味しく、あっという間に食べてしまいました。

単元は100株ですが、株主優待が頂けるのは1,000株以上となりますのでご注意ください。投資額が大きいのでランキングに入れるか迷いましたが、カレーの美味しさでギリギリのランクインとしました。

優待投資の注意事項

2019年7月16日(火)から取引ルールが変更され、権利確定日の2営業日前が権利付き最終日となります。

▼10月末日が権利確定日の場合、今年は10月31日(木)。
権利付き最終日は10月29日(月)となります。

権利付き最終日(この日までに株を買っておく):10月29日(火)
権利落ち日(株を売ってもよい日):10月30日(水)
権利確定日:10月31日(木)

また、権利付き最終日の翌営業日は「権利落ち日(けんりおちび)」と呼ばれるので、こちらも一緒に覚えておきましょう。

※この記事は、あくまで優待の観点から銘柄を紹介するランキングです。実際の投資判断はご自身の投資ルールを守って行ってください。

image by : 梅の花公式サイト 、トコタン

【関連】eギフトを展開するギフティが新規上場、さらなる成長は商品の差別化がポイント

【関連】株価が低迷するソフトバンクGと堅調な光通信、ゴールで笑顔を見せられるのはどっち?=炎

【関連】大戸屋HD創業家が所有株をコロワイドに譲渡し、経営陣との3年におよぶ確執に決着

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー