fbpx

動画ストリーミング市場はまだ成長する、いち早く発表したNetflixの決算にみる業界動向=シバタナオキ

徐々に決算が開示され始めました。今回はいつもながら最初に決算を開示する企業群のひとつである、Netflixの決算から同社の成長を見ていきたいと思います。(『決算が読めるようになるノート』シバタナオキ)

※本記事は有料メルマガ『決算が読めるようになるノート』2019年10月29日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

競合が続々参入するレッドオーシャンでも、高い成長力

Q. 絶好調のNetflix、自社の競合をどのように定義している?

A. Netflixは、Amazon、Hulu、 Apple、ディズニーなどの動画ストリーミングサービスを競合として見てはいません。

テレビやビデオゲームなどを競合として、(広義の)余暇時間の奪い合いをしていると認識しています。

2019年の7月から9月期の決算が徐々に開示され始めました。いつもながら最初に決算を開示する企業群のひとつにNetflixがあります。

今日はNetflixの決算から同社の成長を見ていくとともに、動画ストリーミング市場全般に関するNetflixの見解と、Netflixがどのように競合を定義しているのかを詳しく見ていきたいと思います。

決算分析だけではなく、経営戦略にも関連する記事です。

はじめに決算の概要を見ていきます。売上は前年同期比+31.1%の$5.2B(約5,200億円)でした。

営業利益率は18.7%、営業利益は前年同期比で倍以上の$980M(約980億円)となっています。有料会員数は前年同期比+21.4%で1.58億人を超えるユーザーが有料会員としてNetflixを利用しています。

今回の四半期だけで有料会員数が677万人増加し、売上成長は前年同期比+30%以上と決算は絶好調に見えます。以下では、この成長の要因を分析します。

Next: Netflixの成長要因は、動画市場の成長にあった

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい