fbpx

米朝対立「激化」で決戦はクリスマスか年明けか? 外貨獲得手段を奪われ焦る北朝鮮

外貨獲得手段を失う北朝鮮

ただ、この出稼ぎ労働者が送還されることになれば、北朝鮮はまた1つ外貨獲得手段を失う。

これからどうなるかは注目だろう。

このように朝鮮半島情勢は緊迫化しており、決して楽観視できない状態である。せっかく、米中貿易交渉で第1段階の合意がまとまったというのに、次から次へと問題が起こる。

問題と言えば、トランプ大統領がウクライナ疑惑で弾劾危機となっている。共和党が一致団結していれば、弾劾は回避されるが、離反者が出れば危うくなるようだ。

こちらも注目だろう。

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 12月配信済みバックナンバー>

※2019年12月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・緊迫する北朝鮮情勢で米朝の対立は激化!?クリスマスに何かが起こるのか(12/22)
・米中貿易交渉が第一段階の合意で韓国経済に神風が吹く!(12/15)
・中国の王毅外相はTHADD撤去しろ 在韓米軍駐在費交渉はまた決裂!(12/8)
・GSOMIA終了停止でも支持率はあまり下がらず!北朝鮮からは罵倒(12/1)
→いますぐ初月無料購読!

image by:Alexander Khitrov / ShutterStock.com

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2019年12月22日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】韓国、世界経済同時減速で大ピンチ。中国に頼れず、日本へ急接近し融和策に必死=勝又壽良

【関連】訪日自粛で韓国の2大航空会社が倒産危機、セルフ経済制裁で国ごと沈んでいく

【関連】四面楚歌の韓国が持ち出す必殺技「福島第一原発の汚染水情報公開要請」で日本は窮地に=今市太郎

1 2 3

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』(2019年12月22日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

[月額319円(税込) 毎月第1~4日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
数年ごとに起きるデフォルト危機。世界経済が後退すれば、投資家が真っ先に資金を引き揚げていく新興国市場。輸出依存が96%という恐ろしい経済構造。ヘッジファンドに玩具にされる韓国市場。中国の属国化へと突き進む2014年。並行してスタグフに悩まされる現実。そして、1100兆ウォンを超え、雪だるま式に膨らむ家計債務の恐るべき実態。経済の問題点とは何なのか?なぜ、また、第四次経済危機が迫っているといえるのか。それは読めばわかる!投資、ビジネス、教養、雑談ネタにも最適な、最も韓国経済の実情を知ることが出来るメルマガ。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー