fbpx

日経平均、高値更新なるか?〜今週のトレンドを読み解く株式ペンタゴンチャート分析=川口一晃

ナスダック 流れは変わるか

200120pentagon_nasdaq

先週のレポートでは、C点に注目した。ペンタゴンのど真ん中の時間帯に位置するC点を通過することで、流れが変わるのか否かがポイントになったからだ。実際には、C点を通過した後も上昇は続き、最高値を更新している。
次の注目日は1月27日前後である。

今週のポイントは、上昇トレンドは続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。中心点のB点を通過した。その翌日には陽線が出現したものの、2日目には同事線に近いローソク足が出現した。したがって、流れが変わる可能性がまだ残っているからだ。

<トレンドのポイント(長期)>
上昇トレンドの上昇局面

<あくまで参考売買ポジション(短期)>
現在は、買いポジション。
売りポジションへの変更は、9,130ポイントを終値で割り込むことである。

<現在のシナリオ>
堅調な展開が続いている。上値抵抗線ACラインを越え、ど真ん中の時間帯にあたるC点を通過した後も上昇が続いている。また、下値支持線CEラインも控えているからだ。この場合、9,500ポイントを窺う動きを想定出来よう。

<第2シナリオ>
上値の重たい展開に移行する可能性は残っている。B点が位置するペンタゴンの中心点の下方を通過したことで、上値は限定的となったからである。また、先週末には同事線に似たローソク足が出現しているからだ。この場合、CEラインを割り込み、9,100ポイントを試す可能性がある。

続きはご購読ください。初月無料です

今週の個別銘柄分析(1銘柄)

今週のペンタゴン(1銘柄)

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

image by:metamorworks / ShutterStock.com

※本記事は『☆ペンタゴンチャート分析<株式編>』(2020年1月19日号)の一部抜粋です。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。本稿で割愛したビットコイン・個別銘柄の展望もすぐ読めます。

【関連】日経平均は1万6,000円へ? 2020年、日本株は春と秋に2度暴落する=長谷川雅一

【関連】「50代の無職男性」は危険人物? 自殺者とホームレスの統計から見えた日本の地獄=鈴木傾城

【関連】元凶は電力会社? 太陽光発電が増えてもCO2排出量は減らない日本の闇=田中優

1 2 3

☆ペンタゴンチャート分析<株式編>』(2020年1月19日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

☆ペンタゴンチャート分析<株式編>

[月額2,200円(税込) 毎週日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
株式指標・個別銘柄について今話題のペンタゴンチャートで週1回分析します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー