fbpx

日本経済活性なるか?中国の春節連休、週末から。旅行傾向、観光消費の動向に変化も

日本のお正月休みにあたる、中国春節の大型連休(2020年は1月24日(金)~1月30日(木))は、毎年、中国人にとって海外旅行が最も盛んになる時期です。

中国出入国管理局のレポートによると、2019年春節期間における海外旅行人数は前年比12.48%増の631.1万人に達しました。そして、その旅行先の人気No.1は日本でした。

日本のインバウンド関係者から熱い注目が集まる中国人の旅行動向。2020年は一体どのような傾向があるのでしょう。中国に本社を置く、世界最大級のオンライン旅行会社Trip.com Group Limitedが実施した「2020年春節の旅行トレンド予測レポート」の結果をご紹介しましょう。

周辺国海外旅行先で人気トップは日本

2020年春節の旅行トレンド予測では、中国人の旅行消費需要は2020年も引き続き高く、国内外の旅行および休暇については、多くの費用と時間を投入すると予想されています。

中国周辺国への海外旅行で最も人気があるのは、順に、日本、タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシア、フィリピン、カンボジア、スリランカ、インドでした。この順位は、ここ2-3年変わっていません。

日本は現在ランキング1位にあり、春節の期間中にCtrip(※Trip.comグループの中国におけるブランド)を通じて数万人が日本に旅行することが予想されています。また過去の統計から、中国人観光客における日本での「雪見」「温泉」「ウィンタースポーツ」の人気が高まっていることから、今春節でも、これらの体験型商品が人気になるとみられています。

出典: PR TIMES

出典: PR TIMES

長距離海外旅行先の人気トップはオーストラリア

2019年12月上旬までのCtrip海外旅行団体ツアー、海外個人旅行(FIT)の予約状況によると、中国旅行客が選ぶ2020年の春節期間で最も人気のある長距離海外旅行目的地はオーストラリアとなる予想です。

季節が反対になる南半球を訪れ、夏気分満載な春節を体験したい観光客が多いのでしょう。他に選ばれた目的地は、人気順に、アメリカ、イタリア、ニュージーランド、イギリス、スペイン、ロシア、フランス、アラブ首長国連邦とドイツです。

出典: PR TIMES

出典: PR TIMES

Next: 爆買い終了?中国人の観光消費の変化とは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー