fbpx

韓国経済、新型肺炎で壊滅的被害。観光・航空・自動車産業は中国と一緒に沈んでいく

新型肺炎の被害は広がる一方で終わりが見えない。そして、それは中国依存25%の韓国経済に多大な悪影響を及ぼす。中国と一緒に沈むことは確実と言えるだろう。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2020年2月9日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

必要な部品が届かず、完成品を売る先も消滅。事態はさらに悪化へ

刻一刻と近づくパンデミック

今回の当メルマガは先週に引き続き、武漢肺炎に関連する韓国経済への影響を見ていく。まずは、ここ1週間の動きをまとめたメモを紹介しよう。

2月3日:感染者数1万7,205人、死亡者数361人。前回のSARSを上回る。武漢から離れた温州も都市封鎖。タイ政府「新型肺炎、エイズ・インフル薬で治癒」。

2月4日:感染者数1万9,701人、死亡者数425人。WHOテドロス事務局長「各国の中国人の入国禁止に懸念表明」日本政府、肺炎の症状を条件から外し、武漢渡航歴を湖北省全体に広げる。

2月5日:感染者数2万3,000人超、死亡者数490人。横浜停泊のクルーズ船で10人以上が陽性で3,700人が2週間隔離。 ミクロネシアが日本人の入国制限。「新型コロナウイルス 故意の拡散は死刑」中国高裁が通知、検査拒否は懲役7年も

2月6日:感染者数が2万8,060人、死亡者数564人・ 中国メディア、2万4,589人死亡と一瞬報道してすぐに画面変更する。国内の感染者数が45人に。クルーズ船での感染者は10人追加。

2月7日:感染者数不明、死亡者数632人。湖北省だけで2万1,112人。武漢の中国人医師が死亡 都市封鎖が55カ所。WHOのトップ辞任要求30万。安倍総理「東京五輪中止はない」。

2月8日:感染者数3万4,546人、死亡者数722人。米国人女性死亡。深セン市(人口1,302万人)も封鎖。クルーズ船で感染拡大64人。日本は合計89人。

2月9日:感染者数3万7,000人 死亡者数803人 武漢で1日100体以上の遺体を焼却炉で焼く。さらにエアロゾル感染を確認。

これらがこの1週間、私がまとめた主なニュースである。このように先週よりも状況はかなり悪化している。

中国政府、感染者数を「隠蔽」? 拡大する都市封鎖

さらに、この感染者数や死亡者数そのものが中国政府による「隠蔽」で、実態はもっと多いのではないか?と言われている。

その根拠となるニュースを取り上げておく。中国のメディアが「2万4,589人死亡」と一瞬だけ報道して、すぐに画面を変更したというのだ。

これは感染者数と死亡者数が実はイコールではないかという疑いを持つには十分だ。仮にこれが真実なら、本当の死亡者は3万7,000人を超えているということになる。

しかし、実際、中国政府は都市封鎖を次々と行っており、それはもう55以上の都市である。

死亡者数が803人ぐらいでここまで厳重態勢を敷くかどうかという疑問があり、武漢で1日100体以上の遺体を焼却炉で焼いていたことや、さらにエアロゾル感染を確認したことから、中国政府の数の隠蔽工作は疑うべきだろう。

このように武漢肺炎はひどくなる一方である。

そして、それは中国依存25%の韓国経済に多大な悪影響を及ぼす。ここからは韓国経済について解説する。

Next: 韓国の観光・航空・自動車に「壊滅的」被害。中国から部品が届かない…

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー