fbpx

原油、歴史的減産で世界供給20%減へ。トランプ大勝利で原油安に歯止めがかかるか=江守哲

米石油在庫は大幅増加

米エネルギー情報局(EIA)が8日発表した週間石油在庫統計によると、3日までの原油在庫は前週比1,518万バレル増となり、増加幅が過去最大となりました。産油量は日量60万バレル減の1,240万バレルで、ようやく減産の動きがみられ始めています。

原油輸入量は日量17万バレル減の587万バレル、原油輸出量は日量32万バレル減の283万バレル。ガソリン在庫は前週比1050万バレル増、ガソリン需要は日量159万バレル減の507万バレル。

ディスティレート在庫は前週比48万バレル増、石油製品需要は日量340万バレル減の1445万バレル。製油所稼働率は6.70%ポイント低下の75.60%で、08年9月以降で最大の落ち込みとなりました。

ガソリン需要の減少が顕著です。やはり、外出禁止によるドライブ需要が大きく落ち込んでいるといえます。

また、石油製品需要自体も大幅減です。ジェット燃料や工場向けのディーゼル油の需要が落ち込んでいるのでしょう。石油製品需要は過去に見たことがないような落ち込みぶりです。

世界最大の石油需要国である米国でこれだけ減っているわけですから、世界的にも減少していることは言うまでもありません。

OPECの減産だけでは不十分であり、さらなる減産あるいは生産国・生産会社のデフォルト・倒産などで生産活動が抑制されることがなければ、原油相場の回復は難しそうです。

続きはご購読ください。初月無料です

ラジオ番組開始のお知らせ

メルマガ「江守 哲の「ニュースの哲人」〜日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ」のお知らせ

マーケット・ヴューポイント〜「今週が転換点になる可能性を想定」

株式市場〜米国株は転換の可能性、日本株も今週中に上値確認へ

為替市場〜基調転換の週になる可能性

コモディティ市場〜金は続伸、原油は上昇

今週の「ポジショントーク」〜ポジションば軽く

ベースボール・パーク〜「外出自粛でほとんど外出せず」

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

image by:Evan El-Amin / Shutterstock.com

本記事は『江守哲の「投資の哲人」〜ヘッジファンド投資戦略のすべて』2020年4月13日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方は、バックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した米国市場金、原油各市場の詳細な分析もすぐ読めます。

【関連】消費税ゼロ%で救える命。コロナ恐慌で死ぬ間際にも黙って10%を払い続けるのか?=鈴木傾城

【関連】韓国アシアナ航空、負債1兆円の衝撃。反日とコロナで航空業界84万人の雇用が消える

【関連】日本も追従すべき?都市封鎖を放棄してウイルスと共存するスウェーデンの戦い方=矢口新

1 2 3

江守哲の「投資の哲人」〜ヘッジファンド投資戦略のすべて』(2020年4月13日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて

[月額3,300円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く) ]
株式・為替・コモディティなどの独自の市場分析を踏まえ、常識・定説とは異なる投資戦略の考え方を読者と共有したいと思います。グローバル投資家やヘッジファンドの投資戦略の構築プロセスなどについてもお話します。さらに商社出身でコモディティの現物取引にも従事していた経験や、幅広い人脈から、面白いネタや裏話もご披露します。またマーケット関連だけでなく、野球を中心にスポーツネタやマーケットと野球・スポーツの共通性などについても触れてみたいと思います。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー