fbpx

コロナ禍を利用したインフレと株式ブームに気をつけろ。苦しむのは庶民たち=藤井まり子

ロックダウン解除を急いで再ロックダウンに追い込まれたシンガポール

直近、一度ロックダウンを解いたシンガポールが再ロックダウンに迫られたことは重いです。

ロックダウンに再度逆戻りすると、経済・心理・政治的に困難がますます増加してしまいます。再度ロックダウンに逆戻りすると、かえってダメージが大きくなるのです。

特に、「新型コロナ感染歴があるかないか、抗体があるかないかの検査結果」などの「人々の個人情報」を、国家が強力に追跡・一元管理できるようになるまでは、「早すぎるロックダウンの解除」は失敗する可能性が高く、「感染爆発第二波」を巻き起こす危険性が高いです。

ところが、中国以外の国々では、こういった「感染歴や抗体検査の結果」などの「個人情報」を、国家が「一元管理」することは、あまり進んでいません。

しかしながら、「国家による個人情報の管理」が進んでいない状態では、組織だった段階的かつ慎重な「統制の解除」は、まずは不可能です。

国家統制がなかなか進まなければ、「解除を急ぎすぎて逆戻り」するより、「解除が遅すぎる」方がリスクが少ないかもしれません。

コロナ情報の一元管理がロックダウン解除には不可欠?

ところが、今のトランプ政権は、国家による個人情報の一元管理が進まない中にあっても、経済の再始動を急ごうとするようにも見受けられます。これは、けっこう危険です。

今現在、内外の株式市場は急回復しています。しかしながら、こういった「偽りの夜明け」は、株式市場の「変動の歴史」においては至る所で起きた現象です。当メルマガの先週号でもお伝えしましたように、1930年代の恐慌時代においては、11回も見られた現象でした。

長期金利がゼロパーセントにへばりついて利潤率がどんどん低下している「コロナ後」の時代では、企業業績が悪化は長続きしそうです。

企業業績の悪化が長続きしそうな時に、株価だけが上昇するなんて事態が、はたして長続きするのでしょうか?

今の株式市場の急回復に対して「過剰に安心する」ことは、やはり大きな間違いなのではないでしょうか?

続きはご購読ください

瞬間風速でマイナス圏に沈んだ原油価格について

※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

【要注意】資産形成および投資は、必ず「自己責任」でお願いします。この記事は藤井まり子の個人的見解を述べたもので、当メルマガ及び記事を読むことで何らかの経済的及び精神的被害を被ったとしても、当方は一切責任を負いません。

image by:Joseph Sohm / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2020年4月21日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】コロナはユニクロに追い風? 親会社4割減益予想もオシャレ不要の世界で天下を取る=栫井駿介

【関連】天才投資家ジム・ロジャーズが警告「成功したいなら誰の言うことも聞いてはならない」=俣野成敏

【関連】中国、コロナ克服の嘘。世界の常識から外れた習近平を襲う2つの危機と倒産ラッシュ=勝又壽良

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』(2020年4月21日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート

[月額16,500円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「マクロ金融・資産形成 de あそぼ♪」の筆者:藤井まり子が、金融資産3,000万円以上の読者に向けて送る「富裕層向けの資産形成のプレミアム・レポート」。第一メルマガ「~de あそぼ♪~」が、「結論と要約だけ知りたいし、具体的に何をしたらよいの教えてほしい」と熱望しておられる愛読者様に、是非ともお勧めです。この第二プレミアム・メルマガの購読者の方々は、ゴールド会員として、よりきめ細やかなアドバイスも、常時双方向で無料提供します♪年金不安なんか、ぶっ飛ばしましょう♪

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー