fbpx

コロナ離婚は年収1000万円でも止められない。ステイホームで価値観の違いが明確に=山本昌義

即離婚は早計?

さて、並行的に大切なことなのですが『自分の幸せとともに子どもの幸せも考える』。できれば、この視点も欲しいと言えます。

一般的に、子どもの立場からすれば不仲な両親やDV、一定の虐待がある毒親なら、(一方の)親などいないほうが良いと考えがちです。いないほうが、子どもの成長にも良いと言えます。

しかし、あなたの家の場合は、旦那さんと子どもの関係性は悪くないようです。経済力も高く、そこまで非常識とも言えません。

また、価値観が合わない旦那さんとはいえ、少なくとも、あなたへの態度が悪いこともなさそうです。そもそも、旦那さんが離婚に応じないかもしれません。

肝心の「価値観が合わない」も、普段なら気にもならない違いだったにも関わらず、今になってコロナで炙り出されただけとも言えます。だからこそ10年も続いたわけですからね。

これで即離婚というのは、少し早計かもしれません。しかし一方で、将来的な熟年離婚の可能性も高いので、それなら早めに離婚して次の男性を探す考えもあります。

ただ、子どもの立場なら熟年離婚を望むかもしれません……。その頃には、十分に成長しているでしょうからね。

コロナ別居からはじめてみる

まずは少し「別居してみる」のもアリかもしれません。一時的に熱が高まっている可能性も高いです。

離婚したほうが皆が幸せか、それとも違うのか…。ライフプランを作りながら、じっくり考えてみましょう。

最後にちょこっと。

価値観が合わないことを知り、離婚したい。コロナ離婚、本当に流行っていますね。逃げ場がないから、溝は深まる一方です……。

最低限、ライフプランを立ててからしましょう。かえって苦しむ可能性がありますからね。

また子どもの視点も大切かと。あなた自身、気分が高ぶっている可能性も高いです。

まずは別居やライフプランをしながら、冷静に家族の未来を考えていきましょう。

なお、離婚後のライフプランを立てて欲しい方、夫婦間・家族間の仲裁をして欲しい方は、私でよければ、いつでもご相談下さいませ。

【関連】「人生どのタイミングで結婚相手を決めるべきか?」を数学的に解明する Secretary Problem=三浦茜

【関連】独身では生き抜けない国になった日本。「結婚しない」選択がもたらす悲惨な未来=山本昌義

【関連】世の女性たちが知らない、男から見た「将来億を稼ぐ男性」の条件=午堂登紀雄

【関連】「専業主婦」世帯は高確率で貧困に?婚活女性の覚めない夢と、支えきれない男の現実=山本昌義

image by:goffkein.pro / Shutterstock.com
1 2

婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』(2020年5月22日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~

[無料 週刊]
婚活中の方、ご成婚された方 こんにちは。婚活FP山本と申します。 昨今は空前の婚活ブーム! …引いては婚活が厳しい時代です。 ご結婚に至っても、3組に1組は離婚する時代。 大変な時代ですね。 ここでは、私が実際にお受けした相談内容を元に 男女の心理差や経済的な側面を主として なぜダメなのか?どうすれば良かったか?を分析し 実例として、皆様にお届けさせて頂きます。 なお、私は「現実的な結婚」を支援しています。 そして、実例は男女の本音が登場します。 このため、皆様の夢を打ち砕く内容も多いかと思いますが ご容赦の上でお読み頂き、ご活用下さい。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー