fbpx

百貨店4月売上マイナス72.8%の衝撃発表、高島屋のフライング営業再開は大きな賭けか=児島康孝

日本百貨店協会が22日に発表した4月売上高は、前年同月比マイナス72.8%。予想されていたとはいえ、衝撃的な数字です。これは売上が7割になったのではありません。減ったのが7割なんです。ですから、売上高は前年比で3割弱しかなかったということです。(『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』児島康孝)

有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

統計開始以来最悪の「マイナス72.8%」

中小・零細企業では、売上がほぼゼロとか、1割に減ったケースが相次いでいます。しかし、さすがに百貨店の数字で惨憺(さんたん)たる状況が示されると衝撃的です。

一般社団法人日本百貨店協会(会長 高島屋・村田善郎社長)は、5月22日、2020年4月の百貨店の売上高を発表しました。

日本百貨店協会には、日本の主な百貨店74社、187店舗(5月8日現在)が会員として所属しています。東京・大阪・名古屋・福岡・札幌などの、主な大都市を含む、日本の百貨店のほとんどを網羅しています。

2020年4月の全国(全体)は、売上高1,208億円(四捨五入で1,209億円)で、前年同月比マイナス72.8%でした。

この前年同月比マイナス72.8%というのは、1965年の統計開始以来です。

売上が、7割になったのではありません。7割減って、売上が前年同月比3割弱しかなかった、ということです。

これは、いわゆる「デパ地下」(1階の場合もある)といわれる「食料品の販売だけ」になっていてほかは閉めていたので、予想された数字ではありますが、実際に数字が現実として出てきますと、衝撃的です。

各地の大都市の状況は

大都市の状況を地域別に見てみると、以下の通りでした。

東京:マイナス76.1%
名古屋:マイナス73.2%
大阪:マイナス78.9%
福岡:マイナス85.8%

とくに、福岡・天神の場合、普段は百貨店だけに行って、食料品を買うイメージがないためでしょうか。

前月の2020年3月は、前年同月比マイナス33.4%(全国)でしたから、4月は、新型コロナウイルスが直撃した形になりました。

4月の全国の売上高のうち、「食料品は41.3%」を占めました。

Next: さすがに大きな百貨店といえども、このままでは「つぶれちゃうよ」という――

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー