fbpx

まもなく日本の貧困層は1000万人超え。なぜマズい結末が見えているのに止められない?=鈴木傾城

餓死するほどの貧困、年々悪化する少子高齢化、猛威を振るう新型肺炎。問題を放置すればマズいことになるとわかっていても、止めることができないヤバい状況に日本はおかれている。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』)

※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)
作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、主にアメリカ株式を中心に投資全般を扱ったブログ「フルインベスト」を運営している。

2020年2月に日本で起きた餓死事件

2020年の2月。新型コロナウイルスの蔓延で大騒動になっている中、大阪府八尾市末広町のアパートで貧しい母と息子がひっそりと亡くなっているのが発見された。母親は布団の中で、息子はベッドの上で、それぞれ仰向けになって死亡していた。

餓死だった。

母親は57歳。息子は24歳。母親は両足が不自由で生活保護を受給していたことが分かっている。息子は24歳だったが、仕事をしている形跡がないので「ひきこもり」だった可能性がある。

足の悪い母親が受けていた生活保護で、ふたりが暗いアパートの中で細々と暮らしていた光景が目に浮かぶ。

苦境に落ちても助けを求めることすらもできなくなる

母親が生活保護費を受け取ったのは12月が最後だった。以後、水道もガスも止められて、冷蔵庫の中はほとんど空っぽになっていた。

遺体の状況からするとまず母親が先に死亡し、それから息子も飢餓状態になって身動きできなくなって死亡したと見られる。

今の日本にはこの親子のように、障害を持って細々と生きるしかない親と、ひきこもって生活能力のない子供の組み合わせは社会の底辺で大勢いる。

「餓死するのなら、なぜ助けを求めないのだ?」という声もある。それは生活能力のある健常者の考え方でもある。

社会の底辺では、餓死することになっても「どうしたらいいのか分からない」という人々が大勢いるのが実情だ。

親が死んでもどうしていいのか分からないので、遺体と共にずっと暮らすひきこもりの子供もひとりふたりではないのである。ひきこもりは長くなればなるほど、他者と会話ができなくなり、社会と断絶し、苦境に落ちても助けを求めることすらもできなくなっていくのだ。

Next: 40代以上の引きこもりを中心に餓死は増えていく/極限状態へ落ちる貧困層

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー