fbpx

韓国、103カ国から入国制限もなぜ「日本だけ」に報復? 経済瀕死でなりふり構わず

韓国は、世界103カ国が取った入国禁止措置について、なぜか「日本だけ」を批判したあげく、対抗装置を打ち出したのだ。信じられないが、本当のことだ。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2020年3月9日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

イタリアが危機的状況へ

当メルマガは今週も引き続き、新型コロナウイルス〔武漢肺炎〕を特集していく。またしても私が書こうとしたことを、直前に変更せざるを得ない事態となった。

先週に続いて、韓国の感染者数は増加している。最新の情報だと、感染者数が7,382人。死者が51名となった。問題は、新型コロナウイルスの感染拡大が韓国だけではないということだ。

今、急速に増えているのがイタリアであり、計9,172人、死者数が463人となり、なんと3月9日だけで1,797人も増えたという。これによって感染者数の世界第2位はイタリアとなった。

そして、イタリア政府は人口約1,000万人のロンバルディア州全域や、国内北部などの14県を4月3日まで封鎖した。計1,600万人の住民が影響を受けるという。

日本は、イタリアからも入国禁止措置を取る必要があるだろう。

デマだとわかっていても買う。そして本当の品不足へ

新型コロナウイルスについてはあまりにも情報が錯綜しているので、くれぐれもネットの「デマ」、マスクなどの高額取引に注意していただきたい。

例えば、日本でもトイレットペーパーが品切れになるという噂がネットで囁かれて、それがなぜか急激に拡大した。ちょう、私がドラッグストアに買い物に出かけたとき、箱ごとトイレットペーパーを買っている人を何人も見つけて、特売でもやっているのかと思っていたら、レジで並んでいる人もトイレットペーパーやティッシュの箱を次々と買っているという。

私はスマホでネットの情報を調べたら、どうやらデマが広がっていることがわかった。しかし、「集団心理」というのは恐ろしいものだ。

それで、デマだとわかったのだが、トイレットペーパーの在庫がどんどんなくなっていると見ると、段々と不安になってくるのだ。

「1家族につき1つまで」とか、マスクと同じような紙が貼ってあるので、「あれ?トイレットペーパーがなくなるかも知れない」と不安になる。それならば、デマでも1つぐらい買っておこうということになる。どうせ買い置きしても困るものではないという判断からだ。

だが、これもまさに集団心理である。デマなのに買わされてしまったわけだ。 このように冷静な日本人でも、わりと集団心理に陥ると行動に移してしまう。

おそらく多くの日本人はデマだと知りつつも、実際にその光景を見たら買ってしまったと思う。私は貴重な体験をしたのかもしれない。

このデマを終息させたのは製紙会社の工場の在庫写真が出てきたからだ。無数に積んであるトイレットペーパーの在庫を見て、日本人はようやく我に返った。

ここまでは私の体験談であるが、もう1つ重要なことがある。

まず、韓国の感染者が急増したことで、各国が韓国からの入国禁止措置を取り始めた。そして、今では103カ国・地域から入国制限をされるまでに至った。その中に日本も「含まれる」のは読者様もご存じだとおもう。

しかし、ここからが本題だ。

Next: なぜ日本だけに報復措置?「No Japan」を掲げる韓国の不可思議な行動

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー