fbpx

コロナ離婚は年収1000万円でも止められない。ステイホームで価値観の違いが明確に=山本昌義

新型コロナウイルスで自粛生活を余儀なくされ、パートナーと長時間一緒に過ごすようになったという家庭は多いことでしょう。そこでお互いの価値観の相違が露わになり、離別を選ぶ「コロナ離婚」が増えています。果たしてそれは正解なのか?結婚FPの立場から提案します。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

【関連】コロナで結婚したい人が急増? 今から婚活に挑む40代前半女性の勝算は=山本昌義

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

こんな時期だけど、離婚したい

婚活ファイナンシャルプランナーとして活動する私のもとに、30代前半の既婚女性から、離婚についての相談をいただきました。「今さらながら価値観の違いを知り、辛い……。どう思う?」という内容です。

当人は年収400万円の正社員で、婚歴10年ほど。旦那は年収1,000万円で小さな子どもが2人おり、価値観の違いからコロナ離婚を検討中とのことです。ただし、今までロクに貯金しなかったとのこと。

年収だけなら誰もがうらやむ旦那さんですが、それでも2人を引き裂くのがコロナですね……。

今回は、いわゆるコロナ離婚について、大切なポイントをお伝えします。

離婚はライフプランを考えてから

さて、まずは基本ですが『最低限、離婚はライフプランを考えてから』。この点だけは強めに意識しましょう。

やはり年収400万円で2人を育てるのは不可能ではなくとも困難です。夫婦の貯金も乏しい中では財産分与も期待できず、慰謝料はおろか養育費も基本的に期待できません。

また年齢を考えると、社会人初期の結婚です。高い年収のある旦那さんとの共同生活が土台にあり、総じて生活水準も普通に高いことが伺えます。世帯年収1,400万円で貯金がない点からも明らかです。

もちろん離婚後は生活水準を落とすでしょうが、想像以上に「落としきれない」可能性も高いと言えます。それほど、生活水準は落とすのが困難です。

離婚したらさらに苦しくなることも

すぐにでもラクになりたい気持ちは分かります。

しかし、離婚すればラクになれるはずが、かえって苦しくなる可能性も相応に高いです。お金はがんばれば何とかなるものでもありません。

再婚するにしても、同水準の男性は厳しいです。しっかりライフプランを考え、何とかなる見通しのうえで、離婚を行動に移していきましょう。

Next: さて、大切なことなのですが『自分の幸せとともに子どもの幸せも考える』――

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー