fbpx

日経一時400円安~先物主導の売り止まらず一目三役逆転、下値模索も=清水洋介

先週末と同じような展開で先物主導で売られました。特に売り材料があったということではなく引き続き持高調整の売りが出て売られたということでしょう。(『清水洋介の日々是相場 -夕刊-』清水洋介)

先物主導の売りで6日続落、日経終値は-390円安の15,732.82円

日経平均:15,732.82円(-390.45円)
≪東証一部≫
売買高:22億3,387万株
売買代金:2兆2797億1000万円
値上り銘柄数:43銘柄
値下り銘柄数:1,896銘柄
騰落レシオ(25日):101.57%(-4.97%)
為替:1ドル=110.86円

市況概況

先週末と同じような展開で先物主導で売られました。特に売り材料があったということではなく引き続き持高調整の売りが出て売られたということでしょう。外国人売買動向(市場筋推計、外資系5社ベース)は小幅買い越しとなったのですが、先物売り、現物買いの流れと言うことで先物先行で売られ下値を試す動きになりました。

16,000円水準を割り込むと一気に売られましたが、昼の時間帯にはいったん下げ渋りとなりました。後場に入ると戻りかける場面も何度か見られたのですが、上値の重さを確認しては売り直されるということで戻らず、結局最後まで先物の売りが止まらず安値圏での引けとなりました。

日経平均株価 5分足(SBI証券提供)

日経平均株価 5分足(SBI証券提供)

米ドル/円 5分足(SBI証券提供)

米ドル/円 5分足(SBI証券提供)

小型銘柄も手仕舞い売りに押されるものが多く総じて軟調となりました。買い手控え気分が強いなかでちょっとした手仕舞い売りに押されたという感じです。東証マザーズ指数、二部株指数、日経ジャスダック平均と揃って大幅安となりました。先物は引き続き断続的な売りが出て大きく指数を下押す要因となりました。目先筋に加え、先物売りの現物買いの動きもあったようで、大幅下落の要因となっていました。

依然として買い気に乏しい中で先物主導での売りが続いています。「為替が円高」ということが大きく取りざたされていますが、円高で売られているというよりは先物主導で株が売られ、株が売られることで円高になり、円高となって株が売られるということなのでしょう。先物売りがどこで止まるかで底入れとなるかどうかが決まりそうです。逆に言えば、先物の売りが止まらないと米国が高くても、円安となっても下落が止まらないということなのでしょう。

Next: 日経平均は一目均衡雲割れで「三役逆転」下値を探る動きになるか

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー