fbpx

お金がないから貯金や投資はできない?そんな人こそ老後の準備を考えるべき理由=牧野寿和

「なかなかお金は貯まらない」とか「お金はないから資産運用には縁はない」と言われます。そこで今回は、老後のために現役中にしておくことを考えてみます。(『【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ』牧野寿和)

プロフィール:牧野寿和(まきの ひさかず)
ファイナンシャルプランナー、牧野FP事務所代表。「人生の添乗員(R)」を名乗り、住宅取得計画やローンプラン、相続などの相談業務のほか、不動産投資、賃貸経営のアドバイスなども行う。著書に『銀行も不動産屋も絶対教えてくれない! 頭金ゼロでムリなく家を買う方法』(河出書房新社)など。

老後資金を確保するために、現役中にしておくべきこととは?

自分の資産額を把握する

貯蓄もなく、これといった資産は持っていない。今の給与では、生活をしていくのが精一杯でとても老後の生活のために、お金を貯めるなんて無理!と言われる方がいます。

また、歳をとってお金が無くなれば、住んでいる土地と家を売って、そのお金で安い賃貸アパートに引っ越せば生活はしていける。といったお話を聞いたこともあります。

このような方の場合、老後の生活を心配はしているが、準備の仕方がわからない。ともいえます。

そこで、現在の家計収支のままで老後の生活を送るようになったときに、家計の支出は、食費が減っても医療や介護の費用が増える可能性もあり、あまり変わらないでしょう。

一方、家計の収入の方は、基本的には公的年金の主な収入であり、それに加えて、サラリーマンの方であれば、勤め先からの退職一時金や企業年金が、また、現役中に貯蓄をしていればその額が、個人年金保険などで積立ててみえれば、その受取額も家計の収入となるでしょう。

まず、ここに記載したこれから生涯の収入と支出の金額それに、貯蓄額の把握が必要です。

それに加えて、株式や投資信託などの金融商品で運用をしてみえる方は、その商品を現在売ったらいくらになるのか。

不動産を所有してみえる方は、マンションであればその部屋を売ったらいくら位になるのか。

戸建てであれば、その土地を売ったならば、築古の建物であればその解体費用を含め、更地で売った額を、さらに、住宅ローンの返済中であれば、不動産を売却し、住宅ローンも完済した金額が、現在の資産の額となります。

この金額を把握しておくことが大切です。

Next: 現在の資産を把握しておくことが大切な理由とは?

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい