fbpx

いつか年収1,000万円を実現したときのために知っておきたい、効果的な資産運用法とは=栫井駿介

高収入を目指す方は多いでしょうが、実は高収入ほど精神・金銭的に余裕がないといわれています。そこで今回は高収入の効率的な資産運用を紹介します。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

高収入な勝ち組が取るべき資産運用法

年収1,000万でも精神的にも経済的にも困窮している理由とは

唐突ですが、あなたの年収はどのくらいですか?

全世代の平均年収は400万円程度と言われます。若いほど低く、年齢が上がるほど高くなる構図です。

image-4


【出典】doda

平均値は飛び抜けて高い少数の人が引き上げるので、ちょうど真ん中の人(中央値)はさらに下がります。つまり、年収が平均値を超えていれば、あなたは半数より上ということになります。

年収1,000万円ともなると、全体の4%程度です。一般的に「勝ち組」と呼ばれる層です。1人では難しくても、夫婦で世帯年収1,000万円を超えているケースは少なくないでしょう。

しかし、年収1,000万円以上を稼いでいるにもかかわらず、精神的にも、あるいは金銭的にも、余裕のない生活をしている人を数多く見ます。一体なぜでしょうか。

1つには、年収1,000万円程度の勤め人は、最も税金が取られやすい層だからです。

年収が500万円から1,000万円に増えたとしても、税引き後の手取りで考えると約350万円しか変わりません。500万円増えたつもりでいると痛い目を見ます

それにもかかわらず、多くの「勝ち組」は過大な消費をしてしまいます。具体的には都心のタワーマンションや高級車、子供の養育費などです。

いくら収入が多くても支出も多ければお金は貯まりません。お金が貯まらなければ、将来への不安はなくならず、プライベートの時間を削ってまで仕事に精を出し続けなければならないのです。

金銭的な将来の不安を解消し、余裕あるライフスタイルを

逆に考えれば、年収1,000万円近辺の収入のある人が余裕を持つためにすべきことは、将来の金銭的な不安を解消することではないでしょうか。

金銭的な不安が解消されれば、残業代を稼ぐためにあくせく働く必要はありません。自分のやりたいような仕事のスタイルを構築することに集中できます。金融資産が増えれば、セミリタイアや独立といったことも視野に入ります。

資産を決定づける公式は、以下のとおりです。

190212_今日から始める株式投資!_ver.2

この公式において、現有資産はコントロールできません。収入はすでに多い部類なら、これ以上急には増えないでしょう。リターンを上げるのは努力次第ですが、確実なことは何もありません。

そうなると、資産を増やすために私たちができることは「支出を減らすこと=運用資産を確保すること」「時間を増やすこと=今すぐ始めること」です。この取り組みが早ければ早いほど、将来資産の期待値は大きくなります。

iDecoとバリュー株投資のタッグがベスト

そこで、私が提案しているのは、年収の20%を投資に充てることです。1,000万円なら200万円ということになります。まずは、高収入ほど節税効果の大きいiDeco(個人型確定拠出年金)を最大限積み立て、残ったお金でバリュー株投資をします。

バリュー株投資は、平均よりも優れた企業を時系列で安いタイミングで買い、あとは伸び続けるのを待つ手法です。動くのは年に数回で、パソコンに張り付いている必要もありません。高収入だけど時間がない人にとっては相性の良い投資法です。

高収入の会社員や医師、士業の方々などは、これまで努力して来られたからこそ現在の収入を得ているのだと思います。しかし、いつまでも働き詰めでは、退職するまで自分や家族のための時間が持てないのではないでしょうか。

将来の金銭的な不安がなくなれば、精神的にとても楽になります。精神的な余裕があれば、人生は豊かになります。頑張って得た高収入で人生を豊かにするためにも、今から資産運用を考えてみてはいかがでしょうか

【関連】コンビニがじわじわ値上げ、この物価上昇は本物なのか? 消費増税前の演出なのか?=児島康孝

【関連】韓国国民も動揺。文在寅氏「日本と協力」発言の真意と、準備が進む危険な反日政策=勝又壽良

【関連】日経平均は1万8,000円が妥当。なぜ多くの投資家は割安感のなさに気が付かないのか=江守哲

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2019年2月20日号)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい