fbpx

「7~9月に経済回復」の信頼度は?コロナ禍でGDP速報値が戦後最悪に=久保田博幸

内閣府が17日に発表した2020年4~6月期のGDP速報値は、物価変動の影響を除いた実質の季節調整値で1~3月期からマイナス7.8%、年率換算でマイナス27.8%。リーマン・ショック後を超えて戦後最大の落ち込みとなった。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行います。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

4~6月期GDP、年率27.8%減。戦後最大の落ち込みに

内閣府が17日に発表した2020年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質の季節調整値で1~3月期からマイナス7.8%、年率換算でマイナス27.8%となった。

リーマン・ショック後の2009年1月~3月の年率マイナス17.8%を超えて戦後最大の落ち込みとなった。

政府は新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、4月7日に緊急事態宣言を出した。これが解除されたのが5月25日。この間、人や物の移動が制限され、個人消費を中心に幅広い経済活動が滞った。

その結果、GDPは統計を遡れる1955年以降で最大の落ち込みとなった。

緊急事態宣言が解除されたあと、あらためて新型コロナウイルスの感染が全国的に拡大したこともあり、経済活動はある程度制限せざるをえなくなり、正常化にはまだまだ距離がある。

GDPは消費税率を10%に上げた2019年10~12月期から減少し、東日本大震災を挟む2010年10~12月期から2011年4~6月期以来の3期連続のマイナス成長となった。

GDPの年率換算の金額は485.2兆円となり、2012年10~12月期以来の500兆円割れともなった。これによって債務残高の対GDP比は計算上はさらに大きくなる。

世界中がコロナ禍にあえいでいる

ユーロ圏19か国の2020年4~6月期のGDP速報値も前期比で12.1%減、年率換算では40.3%減となっており、こちらも過去最大の落ち込みとなっていた。

米国の4~6月期GDPも年率換算で前期比32.9%のマイナス。やはり過去最悪の下落率となっていた。

Next: 想定されていた最悪の数字。7〜9月期の回復予想は信じていいのか?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー