優秀な経営者を目指すなら、社員教育はあきらめて常に“怠惰”であれ=ショー

怠け者っぽい経営者は、実は強いものです。多店舗展開を長年にわたり成功させているような経営者ほど、はたから見て怠け者っぽい雰囲気の人が多いのです。なぜでしょう?(『海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ』)

優れた社長・経営者の多くが“怠け者”に見える理由とは?

怠ける方向性が違う

これまでたくさんの社長さん、経営者の人と接してきて感じたのは、多店舗展開を長年にわたり成功させているような人の中には、はたから見ると、怠け者っぽい雰囲気の人が多いということです。

【関連】上司よ!モンスター部下+医師+食えない弁護士の3者タッグに気をつけろ=ショー

サラリーマン時代には、「こんな感じで儲かるのだったら、僕も社長やろうかな」などと思ったこともありました。

でも、よくよく、このような人を調べてみて分かったのは、確かに怠け者っぽい部分はあるのですが、その方向が違っていたのです。

「社員教育」はなぜ上手くいかないか

社員をたくさん雇っていて、普通に考えるのは、社員の能力向上です。

ミスがないよう、技量が上がるよう、教育・研修に力を入れて、経営者自身も常に現場を廻って目を光らせる。

それでも、人間が行う以上、必ずミスは起こりうるものです。

ショーのサラリーマン時代、サービス業で働いていて、毎日、現金売上があったのですが、時折、売上金額と現金残高が合わないトラブルが出てきます。

昔の銀行では1円でも合わないと大変だったと聞きますが、ショーの勤務先も大変でした。

当時はまだ、全自動の現金払い出しレジが安価で出回っておらず、モニターカメラを再生したりして検証したりもしたのですが、合わないときは合わない。

残業を何時間もして、それでも結局合わずに、「では再発防止策を提出せよ」となり、複数スタッフでの釣り銭渡し時の確認など、ありきたりな案でうっちゃってきたわけですが(笑)、それでも忘れた頃にまた、現金事故は起きたのです。

それが今では、スーパーのレジでも、釣り銭を自動で出すマシーンがかなり普及しています。

Next: 社長が安心して怠けられる「仕組み化」の大切さ

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい