fbpx

サミット期間中の東京は要警戒?ベルギー連続テロが他人事ではない理由

ベルギーの首都ブリュッセルで発生した連続テロ事件。死傷者は300人以上とも言われ、その凄惨さは遠く離れた日本でもショッキングな事件として大きく報道されました。近年、イスラム国を中心としたイスラム過激派によるテロが続くヨーロッパですが、無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』によれば、我々の住む日本も他人事ではないと警告しています。果たしてその理由とは?

【特集・黒田ショック】 急速な円高株安、連休明け1万6000円割れも

ベルギーテロと東京

ベルギーの首都・ブリュッセルがテロの標的にされた。ベルギーの人口は約1,100万人とヨーロッパの中では小国だし、ブリュッセルも120万人で大都市というほどではない。ただブリュッセルの約7割は移民やその子孫で、約2割がイスラム教徒とされる。移民政策には歴史的に寛容な国とされてきた。

しかし、ベルギーは小国ながらヨーロッパにあっては重要な都市と位置づけられてきた。EUの前身である欧州経済共同体(EEC)には発足時の1958年から原加盟国として参加しているし、欧州会議やNATO(北大西洋条約機構)の本部も置かれている。独仏に挟まれた中立国家の立場を生かしヨーロッパ統合(EU)にも積極的に貢献してきた。いってみれば、EUの政治的な首都の位置付けにあったといえよう。それだけにベルギーの連続同時テロには世界が震撼したのである。

ベルギーとは全く異なるが日本と東京は大丈夫なのか、といった懸念を持つ。日本は島国で移民は少ない。しかし一方でアジアの首都的存在でイスラム過激派が敵視するアメリカの同盟国であり、アメリカ軍基地を沢山持つ。最近はイスラム国や過激派組織にも欧米諸国と並んで厳しい批判を浴びせ、立ち位置をはっきりさせてきた。

気になるのは、その日本で今年5月26日からサミットが開催され、日本が議長国になる点だ。当然、主要テーマには世界の不況、デフレ対策と同時にテロ対策も取り上げられよう。最近のパリやベルギーの一連のテロ事件を考えるとテロ問題が最重要課題となってもおかしくない。

Next: サミット開催地でない東京が狙われる可能性が高い理由

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい