段取り上手は運用上手! 家事と不動産投資の「面倒くさい」共通点=姫野秀喜

「家事」と「不動産投資」の不思議な共通点

例えば、良い物件を見ても

良い物件を知る
  ↓
銀行に融資を依頼する
  ↓
家族に反対されて買えない

ということもあるでしょう。これは、前後関係として「家族をあらかじめ説得しておく」というプロセスを行っていなかったからです。

家事の場合は、前後関係を考えずに行っても少し面倒になるだけですが、不動産投資の場合は、本当に良い物件はすぐに売れてしまいますので、チャンスを1回逃すことになります。

本当に良い物件は、1000件に3件くらいなので、そのうち1回を逃すと言うことは、次の1件に出会うまでに、333件の物件を見なくてはならないということです。結構な時間的ロスになります。

(なお、上記で1000件に3件くらいといっているのは、現時点で東京23区内のまともな物件で、利回りも10%近くあるもののことです。利回り7%程度のものであれば、ゴロゴロ転がっているので、そういうものではありません。そういうものを買おうとしている人は、地主とか資産家以外は厳しいです。ちゃんとした収益シミュレーションを税金支払いも含めて行ってみて下さい。フルローンの条件によりますが、赤字になる確率が高いです)

話を戻すと、不動産投資の場合、前後関係をきちんとおさえて、すぐに買える状態にしておく必要があるということです。つまり、以下のようなことを事前に済ましておく必要があります。

不動産投資に必要な段取り・事前準備

  • 必要な現金を普通預金に入れておく
  • 金融機関と仲良くなっておく
  • 不動産屋と仲良くなっておく
  • 家族の協力を得ておく
  • 物件の目利き力を養っておく
  • 収益シミュレーションを行っておく
  • 自分のおおよその損益分岐点を把握しておく
  • 現地をいつでも見に行ける移動手段を確保しておく(自動車等)
  • 所得税、固定資産税などの税金は期限内に支払っておく
  • 納税地登録を最新のものにしておく
  • 印鑑登録は済ませておく
  • もちろん実印、銀行印を作っておく
  • 免許証の住所を最新のものにしておく
  • 家族と共有の土地建物がある場合は名義を一人にしておく

まぁ、ほかにも人により様々なものがあるので、全部は書ききれていません。不動産投資をしようと思ったら、勉強しながらでも合間にこういうことをやっておくと、いざ良い物件が出たときに速攻で動けるので有利です。

なお、これまでに物件を購入したことがない方は、実印の印鑑登録をしていないことがありますので、印鑑登録だけでも先にやっておいた方がよいですよ。

でも、せっかく印鑑登録をするなら、ちゃんとした象牙や水牛の角で実印を作りに行って…って、前後関係が出て一気に面倒くさくなります(笑)。そんなときは、アマゾンで実印を作ると5,000円以下で安く早く楽に作れますよ。

【関連】次の大地震はどこで発生? 2017年「危険度ワースト3」の要警戒エリアはここだ

【関連】数十万円の「格安リゾートマンション」を絶対に買ってはいけない理由=姫野秀喜

【関連】突撃取材「家主の私がレオパレスを訴えた理由」集団訴訟はなぜ起きたか?=姫野秀喜

1 2

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』(2017年3月24日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ

[無料 ほぼ 平日刊]
会社員の姫ちゃんが1億円の大家さんになれた!あなたも数年で1億円の大家さんになれる!何から始めたら良いかわからない人に読んでもらいたい。基礎を守って、リスクは小さく、リターンは中くらい初歩からコツコツと誰でもできるシンプルな不動産ノウハウをあなたに~♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー