加熱式たばこブームに湧くJTに世界中の投資家が注目する理由=栫井駿介

大きなブームとなっている「加熱式たばこ」が、たばこ会社の経営にどんな影響を与えるのかを分析。先月推奨したJT<2914>の有料会員レポートも特別公開します。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

※初出の記事タイトルに誤解を招く表現がございました。訂正の上お詫び致します(マネーボイス編集部)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

iQOSの大ヒットで変わるたばこ業界。JT株、今後のポイントは?

加熱式たばこブームの影響

たばこ業界では「加熱式たばこ」が大きなブームとなっています。その火付け役となったのが、フィリップ・モリスの「iQOS(アイコス)」です。すでに300万台を売り上げ、品薄状態から手に入れるのが難しくなっています。

アイコスのブームを見て、ライバルのJTとブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)も追随し、それぞれ「プルームテック」「glo(グロー)」という加熱式たばこを発売しました。JTのプルームテックは、今年の6月から東京で本格的に販売されるようです。

加熱式たばこは、電気でたばこの葉を加熱し、その成分を吸うものです。煙をほぼ発生させず、主成分であるニコチンを摂取できます。煙が出ないことから、本人や周囲に対する有害物質を出さないことが最大のメリットです。研究によると、たばこに含まれる有害物質の9割を削減できるということです。

一時期話題となった類似商品に「電子たばこ」がありますが、これは香り成分などを含んだ液体を吸うもので、煙は全く発しないものの、法律によりニコチンを含有させることはできません。(ニコチンは医薬品に該当するため。)

たばこの依存性の正体はニコチンであるため、加熱式たばこではそれを摂取できることがブームの要因となったと考えられます。吸った感じも紙巻たばこと遜色なく、匂いや喉への影響などのマイナス面がないことから、より吸いやすく感じる人もいるようです。

たばこは「健康に悪い」「周りに迷惑がかかる」という理由で、ここ20年における国内の喫煙率は低下の一途をたどりました。しかし、これらのデメリットが解消されれば、減り続けていた需要にストップをかけられるかもしれないのです。それどころか、ブームに乗ればさらに拡大する可能性もあります

フィリップ・モリスは、加熱式たばこのブームを受け、将来的に紙巻たばこの生産から撤退することを表明しています。今年4月の報道では紙巻たばこの値上げを財務省に申請したということで、加熱式たばこ一本化への本気度が感じられます。

※参考:「フィリップ モリス」紙巻きたばこから撤退表明 – テレビ朝日(2017年3月2日配信)

※参考:紙たばこ85銘柄10円上げ – 日本経済新聞(2017年4月14日配信)

たばこ業界は再び成長産業へ

それでは、加熱式たばこのブームがたばこ会社の経営にどのような影響を与えるのでしょうか。

私は、すぐには大きく変わらないと考えます。加熱式たばこの生産コストが紙巻たばこよりも大幅に低いのであれば革新的ですが、どうやらその可能性は高くなさそうです。採算を取るために市場を拡大させることが先決でしょう。

実は、JTはその点有利な立場にあります。加熱式たばこは、現段階で世界売上の98%を日本が占めます。そのため、日本市場を制した会社からより有利な条件で世界進出することができるのです。

JTの国内シェアは約6割と圧倒的です。商品開発ではフィリップ・モリスにおくれを取っていますが、高い市場シェアにものを言わせてなるべく早く追いつき、できれば品質においても上回ることが求められます。今年の夏以降、日本では熾烈な加熱式たばこ競争が繰り広げられるでしょう。

加熱式たばこのブームは、暗いイメージのあったたばこ業界のイメージを変え、再び成長産業へと生まれ変わらせる可能性があるのです。

しかし、そうは言ってもバリュー株投資に過度の期待は禁物です。ブームは一過性のものかもしれませんし、世界的な規制強化の流れは加熱式たばこでも変わらないかもしれません。

もし加熱式たばこが一時的なブームに終わってしまっても、JTは新興国をはじめとするグローバル展開がものを言い、今後も安定したキャッシュフローを産み続けるでしょう。そのベースがあるからこそ、まだ不透明な加熱式たばこのブームにも期待していいと考えます。

Next: 現在のJTの株価をどう見る? 直近の有料レポートを特別に無料公開

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい