株式会社は誰のもの?「モノ言う株主」が知るべきたった1つのルール=山本潤

会社の実権を持つのは株主。ではもし、株主があなた一人ならばどうでしょうか。経営方針や利益分配の決定権があなたにある場合、会社はあなたの自由になるのでしょうか?(『億の近道』山本潤)

「持ちつ持たれつ」会社が株主の言うことを聞かない、と嘆く前に

会社は株主のものですか?

株式会社は株主だけのものではありません。それは、簡単な話で、わたしだって、わたしだけのものではないからです。

ひとつの言い方は、これ。まず、人はそもそも「モノ」ではありません。法人も擬人ですから、モノではありません。

もうひとつの言い方は、多重性です。人といっても、個人個人に多くの属性があります。わたしを例にとれば、いま、投資顧問会社の社員です。そして、理工学部の社会人大学院生でもあります。子供からみれば父親。でも、両親から見れば子供。国民でもあり、都民でもあり、江戸川区民でもある。妻からみれば、夫。社長からみれば部下。部下から見れば上司でもある。少年野球のコーチであったり、ジャズサークルのメンバーであったり。要するに、属する集団が多数ありますね。

国家のために殉職するような職業ではないため、あまり普段考えませんが、自分の命を賭して国を守る立場の人がいますね。そういう人にとって、その人はその人だけものではなく、国家のものでもあるのでしょう。

自殺を罪とする宗教がありますね。その宗派に属していれば、わたしはわたしのものではない、ということになります。なぜなら、わたしがわたしのものであるなら、わたしがわたしを殺そうがわたしの自由となるはずです。

でも、そうではない。自分でさえ、自分のものではないのだから、会社が株主のものであるはずもありませんね。

【関連】私がヘッジファンドマネジャーとして学んだ「少人数組織」運営の哲学=山本潤

株式会社って誰のものだろうか?

株主総会で議案が決まることを考えると、会社の実権を持つのは株主。もし、株主があなた一人ならば、どうでしょうか。これは、もっとも単純なケースです。株主としての提案で経営者を選び、配当を増やすことはできるでしょうか。

その場合、経営方針や利益分配の決定権があなたにある場合、会社はあなたの自由になるのでしょうか?

そうとも限らないんです。

Next: 持ちつ持たれつ。会社が株主だけのものではない明確な理由

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー