衰退国家の日本で最後に生き残るのは「一握りの投資家」だけと知れ=鈴木傾城

日本は手遅れだ。もう、どんな名政治家が出てきても、どんな提言が為されても、どんな少子化対策が実行されても「遅すぎる」ということに気付かなければならない。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』鈴木傾城)

※本記事は有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』2017年8月6日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)
作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。

悲惨極まりない日本の未来を覚悟して、「現実主義」で生き残れ

すべては手遅れ

河合雅司氏の『未来の年表~人口減少日本でこれから起きること』は、今、日本に投資しているすべての日本人が読まなければならない最重要図書であると言える。

日本人はもう民族的に増えることがない。すでに日本人は減り始めている。そして、これから何が起きるのか、『未来の年表』はそれを克明に記してくれている。

18歳人口が大きく減る。国立大学も倒産する。世帯数も2019年にピークを迎えてそれから減少を迎える。IT技術者も同時に減り始めて、技術的にも世界に遅れていく

2020年には女性の過半数が50歳以上となり、出産可能な女性数が大きく減り始める。

2022年には団塊世代が75歳以上となり単身世帯が本格化していく。この団塊の世代は2024年に全員が75歳以上になって、ここからさらに社会保障費が増大していく。

唯一、全国から人を飲み込んでいた東京もこの時期から人口がピークを迎えて、ここから完全に日本はすべての地区で人口減を避けられなくなる。東京郊外でも今の地方で見られるのと同じゴーストタウン化が始まる。

もう、どんな名政治家が出てきても、どんな提言が為されても、どんな少子化対策が実行されても「遅すぎる」ということに気付かなければならない。

【関連】誰も止めはしない。株で人生逆転を狙うなら「死の商人」の上を行け=鈴木傾城

日本社会は、持続可能ではなくなっている

そして、私たちが自覚しなければならない衝撃的なことがある。それは、日本民族は外部から攻められなくても、少子高齢化で自滅していく確率が高いということだ。

減り続ける若年層と、増え続ける高齢層の同時並行で、日本は今の社会を維持できなくなり、あと数十年で国家の衰退は目を覆うほどの惨状となる。

現代の社会保障制度が破綻する確率の高い2050年で、外部からの攻撃や侵略がなかったとしても日本の国家は維持できているかどうか分からない。

今の日本民族は少子高齢化が解決できないという一点で、絶滅が避けられないのである。日本社会は、持続可能な社会ではなくなった。

これが意味するところは、すべての投資家は「どんな形であれ、日本に長期投資をするのは間違っている」ということを意味する。

日本に賭けてはならない。それは勝てる確率が低いという点で合理的ではない。

中国がどのように動くとか、北朝鮮が日本を攻撃するかもしれないとか、そんな話は関係ない。

それ以前に、日本人は少子高齢化という「静かなる国家存続の危機」を止められないのだから、それを無視して日本に投資するということ自体が間違っている

長期投資は成長と利益を吸い上げて複利で資産を増やしていく手法だ。そのため、衰退していく国の株式市場に金を投じるというのは、衰退に巻き込まれるということをも意味する。

日本は若年層の人口が消えて高齢層の面倒を見るために国家予算が消えていくので、当然だが技術の継承もできなくなり、技術革新も生み出せなくなっていく。

日本民族そのものが高齢化で衰弱するのだから、内需も消えて人材も得られない日本企業が成長していけると考えるのは、あまりにも楽観的過ぎる。

もう少子高齢化は解決できない問題と化したのだから、日本に投資する必要性はほとんどない。なぜ日本に資金をおかなければならないのか。資金は将来性のある場所に持っていかなければならない

Next: 日本の株式市場から資金を引き揚げて、今すぐ勝ち馬に乗り換えろ

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー