ビットコイン急落と北朝鮮、ロシア最強暗号通貨「クリプトルーブル」の意外な関係

ロシアの最強暗号通貨「クリプトルーブル」とは何か?北朝鮮による仮想通貨取引所へのサイバー攻撃と、ビットコイン急落の関係とは?JPモルガンはなぜアンチ・ビットコインなのか?確定情報がない中、多分に独自の分析と推測を含む記事とならざるを得ませんが、直近の注目すべき動きを分析してみましょう(くれぐれも、暗号通貨の銘柄選びや価格予想の参考にはなさらないでください)。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2017年9月14日第223号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

仮想通貨は個人のものか国家のものか?新たな覇権争いの裏を読む

ロシア独自の暗号通貨「クリプトルーブル」とは?

ロシアの暗号通貨(仮想通貨)事情は、ますます熱気を帯びています。ロシア最大の証券取引所であるモスクワ証券取引所が、デジタル通貨の取引を計画しています。

すでに、同取引所は、ビットコインと他のバーチャル通貨を取引するインフラを構築中で、仮想通貨間のデリバティブおよび為替トレーディングファンドも計画リストに入れられているとのこと。

また、取引のボリュームでは、ロシア国内で3番目のサンクトペテルブルク証券取引所でも、プラットフォームにデジタル通貨取引を追加する計画を進めています。

この動きは、あらかじめ決められていたスケジュールに沿ったものであると言えます。

ロシアの財務次官が今年の4月、「2018年には、ロシアではビットコインを用いた取引が合法化されているだろう」と公式に述べているし、同時に「仮想通貨の法規制を強化する意向ある」ことについて明言もしています。

これは、ロシアが本気で暗号通貨経済を促進しようとしている強い意志の表れです。

また、ロシアの国営銀行であるVEBも、ブロックチェーン研究所を設立してロシア独自のブロックチェーンを開発する計画があることをほのめかしています。

これらのソースを裏付けるように、企業への融資を専門とするロシアの銀行ズベルバンクのイーゴリ・ブランツェフ代表が、ロシア版暗号通貨「クリプトルーブル」の話に言及していることから、ロシア独自のブロックチェーンの開発計画は、かなり信憑性が高いと考えていいのでしょう。

政府と中銀が暗号通貨をコントロールする

いっぽうで、ロシア財務省は、仮想通貨の個人向け販売を禁止する方針があることを表明しています。

ただ、最新のニュースでは、ロシア財務相は、個人が利用できる連邦ローン債券のような暗号通貨を扱うことを提案しています。

つまり、ロシアは、政府と中央銀行のコントロールの下で、暗号通貨の経済圏をつくろうとしているのです。

ロシア債券にリンクされた暗号通貨ということになれば、実体経済にリンクされた暗号通貨ということですから、ビットコインのような非中央集権型の暗号通貨でない分、バブルを生じる不安から解放された暗号通貨ということになります。

ビットコインは価格操縦されている?

ロシアの暗号通貨が、世界の仮想通貨市場全体に大きなインパクトを与えるのは、もう少し先のことです。

当面は、やはり、ビットコインの値動きによって市場の動向が左右されることになります。

私は、チャートを見ていて、あることに気がつきました。それは、韓国と欧米の西側陣営が、互いに寄り添うようにしてビットコインの値を下げ続けていることです。日本は当然、連れ安です。

Next: ビットコイン相場の下落が「北朝鮮への経済制裁」である可能性

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー