10年で5倍の価値に!「コインオークション」の魅力と今後の狙い目=田中徹郎

10年前のコインオークションのカタログを見ると、今の相場との違いに驚きます。5倍以上に値上がりした銘柄と、ほぼ変わらない銘柄との違いは何でしょうか?(『一緒に歩もう!小富豪への道』田中徹郎)

プロフィール:田中徹郎(たなか てつろう)
(株)銀座なみきFP事務所代表、ファイナンシャルプランナー、認定テクニカルアナリスト。1961年神戸生まれ。神戸大学経営学部卒業後、三洋電機入社。本社財務部勤務を経て、1990年ソニー入社。主にマーケティング畑を歩む。2004年に同社退社後、ソニー生命を経て独立。

数多くの銘柄の中で「大化け」したアンティークコインの共通点

意外なほどに値上がりしているコイン相場

今、僕の机の上に10年前のコインオークションのカタログがあります、国内大手コイン商が平成19年に開催したものです。当時の落札価格を見ますと、今の相場との違いに驚かされます。

例を挙げますと、

  1. 中国、自動車ダラー、1928年、VF:17万円
  2. 中国、孫文、1932年、三羽鳥、MS64:19万円
  3. 中国、袁世凱、開国記念、1914年、UNC:32万円
  4. イギリス、ビクトリア、ウナ&ライオン15枚セット、AU~UNC:720万円
  5. イギリス、ビクトリア、オールドヘッド、プルーフ10枚セット、AU~UNC:120万円
  6. イギリス、ジョージ5世、プルーフ12枚セット、UNC:66万円
  7. 英領インド、ウィリアム4世、2モハール金貨1835年、(リストライク)、UNCプルーフライク:72万円

とりあえず目につくのはこんなところです。相場をご存知の方は驚かれると思いますが、これがホンの10年前の相場だったのです。

ご参考までに、上記と同等コインの直近落札価格を以下紹介させていただきます。

  1. 中国、自動車ダラー、1928年、VF:60万円前後
  2. 中国、孫文、1932年、三羽鳥、MS64:80万円前後
  3. 中国、袁世凱、開国記念、1914年、UNC:180万円前後
  4. イギリス、ビクトリア、ウナ&ライオン15枚セット、AU~UNC:4000万円前後
  5. イギリス、ビクトリア、オールドヘッド、プルーフ10枚セット、AU~UNC:600万円前後
  6. イギリス、ジョージ5世、プルーフ12枚セット、UNC:400万円前後
  7. 英領インド、ウィリアム4世、2モハール金貨1835年、(リストライク)、UNCプルーフライク:600万円前後

上記のような感じです。

どんなコインが値上がりする?

高額なコインほど値上がり率が高いとお考えの方もおいででしょうが、上記をご覧いただくと、必ずしもそうではないことがわかります。

例えば「7. 英領インドの2モハール」や「6. ジョージ5世」のように、100万円以下のコインでも驚くほどの値上がりを見せたコインもあるのです。

同じ銘柄なら状態が良いコインほど上昇が期待できる…おそらくこれは間違いないでしょう。

ただ、必ずしも今高価な銘柄が、例えば中堅クラスの銘柄より強い値上がりを見せるかといえば、それはよくわかりません。むしろ、ウナ&ライオンのように先行して暴騰した銘柄は、敬遠される可能性もあるでしょう。

急騰したエリザベス2世の5ポンド金貨が、昨年後半をピークに急落した事例をみても、煽り系コイン商のセールストークの危うさを感じないわけにはいきません。

Next: 大化けするコインは、価格横ばいの負け組コインと何が違う?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい