「ビットコイン投資」超入門(5)道端のBTC拾い「アービトラージ取引」って?=小田玄紀

本格的な利用が期待される仮想通貨「ビットコイン」。本連載では、仮想通貨・ビットコインを使った投資について、メリット・気を付けたいコトを株式・FX等にも精通する小田玄紀氏がわかりやすく解説します。仮想通貨や取引所の選び方は? 何をしたら得して、何をすると損する?仮想通貨投資への一歩をココから踏み出しましょう!【連載第5回(全7回)】

【連載第1回】「ビットコイン投資」超入門(1)~いま国内参加者が急増している理由って?

【連載第2回】「ビットコイン投資」超入門(2)~最初に買った人はどれくらい儲かった?

【連載第3回】「ビットコイン投資」超入門(3)~まさかの大損を避ける賢い売買法とは?

【連載第4回】「ビットコイン投資」超入門(4)~ドル円とビットコインの微妙な関係って?

※本記事は2016年10月に発売された小田玄紀氏の書籍『1時間でわかるビットコイン入門』より、「ビットコイン投資の基礎」についての解説を再編集したものです。

プロフィール:小田玄紀(おだ げんき)
株式会社ビットポイントジャパン 代表取締役社長。1980年生。東京大学法学部卒業。大学在籍時に起業し、後に事業を売却した資金を元にマッキンゼー出身者らと共に投資活動を始める。「頑張る人が報われる」をコンセプトにして起業家や社会起業家の事業立上げ・経営支援を行う。株式、FX、債権などの投資にも精通し、仮想通貨取引にも携わる。2016年3月に上場会社子会社として初の仮想通貨取引所であるBitpointを立上げ、同社代表取締役に就任する。

送金手数料が安いビットコインは「取引所ごとの価格差」で稼げる!?

ビットコインの価格は取引所によって少し異なる

現在、国内には10ほどの仮想通貨取引所がありますが、ビットコインを売買している人の中には、複数の取引所に口座を開いている人も少なくありません。

なぜそんなことをするのかというと、より安い取引所でビットコインを買い、それより高く売れる取引所で売るという売買を行うためです。

実は、ビットコインの価格は取引所によって異なります

株式投資では、どの証券会社で売買しても株価は同じですが、FXを含む外貨投資ではFX会社や証券会社など、金融機関によってレートが異なります。ビットコインも外貨と同じように、取引所によって価格が異なるのです。

170210bitcoin_1

取引所によって価格が違うのは、各取引所が別の取引所の価格を見て「うちはもっと安く売ろう」とか「高く買おう」などとしているわけではなく、ビットコインの価格が需要と供給によって決まるからです。

買いたい人が売りたい人に比べて相対的に多いほど、価格は高くなります。取引所によっても、買いたい人、売りたい人のバランスが異なりますから、取引所によって価格が異なるというわけです。

Next: 送金コストが低いビットコインなら「アービトラージ(裁定)取引」も有効!

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい