fbpx

今年の主役はNYダウとビットコイン、そして…?未来予測プログラムが分析=高島康司

今回は、元マイクロソフトの人物が開発した未来予測プログラムの2017年展望を紹介する。従来の的中率は決して高くなかったが、最近複数の予測を的中させ再評価されている。(『未来を見る!ヤスの備忘録連動メルマガ』高島康司)

※本記事は、未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ 2017年1月6日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

海外発の「未来予測プログラム」による2017年の経済展望

人々の感情を分析する「ウェブボット(Web Bot)」

すべての主要メディアがクリントンの圧倒的な勝利を予測していたにもかかわらず完全に外したように、「抑圧されたものの噴出」のような怨念の爆発がなにをもたらすのか予想することは、通常の論理的なモデルでは極めて困難だ。

集合的な感情は、方向を絶えず変化させている地下水のような流れなので、どんな方法を使っても表面では捉えることは難しいからだ。今回の米大統領選挙では隠れトランプ支持者が選挙の行く末を決定したといわれている。彼らの動きはどの世論調査でもつかむことができていなかった。

ということでは、ウェブボット(Web Bot)のようなイレギュラーな予測を参照するのも意味がある。

【関連】狂気か?打算か?「トランプ外交」が世界に突きつける2つのシナリオ=高島康司

このメルマガの読者であれば周知だろうが、ウェブボットとはマイクロソフトのコンサルタントだったクリフ・ハイという人物が開発したコンピュータによる未来予測プログラムである。

ウェブボットはSNSやBBS、そしてチャットサイトなど、多くの人が集まるサイトの会話内容を収集し、人々が感情的に反応する言葉と文脈を調べるプログラムだ。それは感情値という数値で現され、グラフ化される。

大きな出来事が将来起こるとき、それに関連したキーワードの感情値は極めて高くなり、人々の集合的な感情は出来事が起こるはるか以前に反応しているという。そうした感情値の高いキーワードを検出し、将来起こる出来事を予想するのがウェブボットだ。

いま否定的な感情の噴出世界の趨勢を決定する主要因となりつつあるが、言葉の感情値の解析から未来を予測するウェブボットこそ、いまの状況に合っている予測の手法なのかもしれない。

なぜ最近になってウェブボットの評価が高まっているのか?

そのようなウェブボットだが、予測の的中率は決して高くはなかった。地震や洪水など自然災害が当たることは比較的に多いものの、社会的な出来事ではアメリカの経済の崩壊を示唆する同じようなシナリオが繰り返し出て来るだけであった。

それが昨年の後半くらいから、著名なYouTubeのチャンネルやネットテレビなどで頻繁に取り上げられるようになった。その理由は、ウェブボットの精度が上がっているようで、毎月配信されるレポートに将来起こる出来事のアウトラインが描写されていることが多くなっているからだという。

例えば11月にインド政府は、1000ルピーと5000ルピーの高額紙幣の流通を停止させて大きな混乱をもたらしたが、これが起こる前にウェブボットのレポートに予測されていた。さらに、いま仮想通貨のビットコインが急騰しているが、これが1000ドルを突破することをかなり以前から予測し、的中させている。

最近そうした事例が相次いだため、ウェブボットに注目が集まっているのだ。

ウェブボット史上もっとも重要なレポート

ちなみにウェブボットがプロジェクトとして始まったのは、20年前の1997年であった。それ以来、ほぼ毎月予測レポートを出してきたが、ウェブボットを紹介している多くのネットテレビやラジオでは、12月に発表された2017年予測が、これまでのレポートのなかでもっとも重要なものではないかと評価されている。

大抵ウェブボットのレポートは25ページから30ページ程度の長さだが、2017年予測は45ページと分量がかなり多くなっている。その内容を詳しく分析すると数回の記事に分けなければならないので、今回は有名な経済系のネットテレビで行われたインタビューの概要を紹介する。

Next: トランプ、NYダウ、米ドルはどう動く?ウェブボットの2017年経済予測

1 2 3 4

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい