fbpx

「ビットコイン投資」超入門(3)~まさかの大損を避ける賢い売買法とは?=小田玄紀

本格的な利用が期待される仮想通貨「ビットコイン」。本連載では、仮想通貨・ビットコインを使った投資について、メリット・気を付けたいコトを株式・FX等にも精通する小田玄紀氏がわかりやすく解説します。仮想通貨や取引所の選び方は? 何をしたら得して、何をすると損する?仮想通貨投資への一歩をココから踏み出しましょう!【連載第3回(全7回)】

【連載第1回】「ビットコイン投資」超入門(1)~いま国内参加者が急増している理由って?=小田玄紀

【連載第2回】「ビットコイン投資」超入門(2)~最初に買った人はどれくらい儲かった?=小田玄紀

※本記事は2016年10月に発売された小田玄紀氏の書籍『1時間でわかるビットコイン入門』より、「ビットコイン投資の基礎」についての解説を再編集したものです。

プロフィール:小田玄紀(おだ げんき)
株式会社ビットポイントジャパン 代表取締役社長。1980年生。東京大学法学部卒業。大学在籍時に起業し、後に事業を売却した資金を元にマッキンゼー出身者らと共に投資活動を始める。「頑張る人が報われる」をコンセプトにして起業家や社会起業家の事業立上げ・経営支援を行う。株式、FX、債権などの投資にも精通し、仮想通貨取引にも携わる。2016年3月に上場会社子会社として初の仮想通貨取引所であるBitpointを立上げ、同社代表取締役に就任する。

長期でも、短期でも。リスクを抑えたビットコインの買い方を知ろう

ニュースもビットコイン価格変動の要因

グッドニュースとバッドニュースも、ビットコイン価格に影響します。

たとえば2016年8月には1日で15~20%も価格が変動することもありましたが、それは香港のビットフィネックスという仮想通貨取引所からビットコインが盗難された、というバッドニュースがあったからです。

トラブルについての詳しい情報が無い中で500USドル(5万1000円)から580USドル(5万8000円)まで戻しているのは需要があるからであって、需要がなければさらに大きく下がっているはずです。

170128bitcoin_1

バッドニュースがあったときに、ビットコインは怖いと思う人もいる一方で、これは1つのニュースであってビットコインには価値がある、と考える人もいる。後者の人は価格が下がったときはチャンスと捉えて投資するため、下げ止まるというわけです。

Next: 長期保有か短期売買か/リスクを抑えるビットコイン投資のコツとは?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい