fbpx

日経86円安も引け味よし。二番底をつけた東京市場は買いの一手(4/26)=橋本明男

明日、明後日と日銀の政策決定会合が行われます。それを前にひとまず売っておこうの動きが強まり日経平均は続落となりましたが、日銀の発表など待っている必要はないと私は考えます。(『相場コラム『わしの罫線』』橋本明男)

日経平均株価終値は86円安の17353.28円と続落(4/26)

「大局観」

明日、明後日と日銀の政策決定会合が行われます。それを前にひとまず売っておこうの動きが強まり、日経平均は続落となりました。大引けは86円安の17353円。トピックスは10.14ポイント安の1391.69ポイント。出来高は概算22億2千万株で終わっております。

【関連】NYダウは18772ドルを目指す?/ゴールドマンの皮算用は実現するか=櫻井英明

株式相場において、一番大切なのは大局観だと私は考えます。今後東京市場はどの様に動いて行くのか、これを予測し、的中させる事が出来れば大きな富を手に入れる事が出来ます。

日経平均株価  日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

最近はデイトレがはやりとなっており、デイトレをやる人にとってはこの大局観というものは全く必要ないのだとか。私には信じられない事ですが、とにかく相場は一日してならずです。明日、明後日の日銀の政策決定会合も、発表されるものがどんなものであれ、今年残り8か月の相場の中においては、一つのキッカケに過ぎません。

Next: 勝負どころはまず明日。早晩、本格的な上昇相場へ

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー