fbpx

日本のビッグマック価格は新興国並。平等に貧しくなる前に個人ができること=川畑明美

バブル景気の頃の日本は経済力が高く、海外の商品は安く感じられました。現在はどうか。経済力を測る指標「ビッグマック指数」では、日本は31位(57カ国中)と新興国並の水準です。この状況で豊かに暮らすには、お金を増やす知識が必要です。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

【関連】仕事は60歳でスパッと辞めよ。人生100年は嘘、死ぬ間際に後悔しない「FIRA60(ファイラ60)」の人生プラン=榊原正幸

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2,000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

日本のビッグマック指数は新興国並

バブル景気の頃、日本人はお金持ちといわれていました。現在は、どうなのでしょうか?

皆さんは「ビッグマック指数」をご存じでしょうか。イギリスのエコノミスト誌が公表しているデータで、各国のビッグマックの価格を比較しているものです。

それによると、日本のビッグマックの価格は、31位となっています(対象:世界57カ国)。
※参考:世界のビッグマック価格ランキング – 世界経済のネタ帳(2021年7月27日配信)

日本より安いのは、アジア諸国や南米、ロシア、中東、東欧の国々です。

ビッグマック指数をその国の経済力を表す指数と考えれば、先進国の中では下位であり、新興国とあまり変わらないということです。

バブル以降、増えない平均給与。一方、株価は4倍以上に

少し前のメルマガでも書きましたが、普通の会社に勤める正社員でも給与が減ってきているのです。

ただし、ビッグマック指数は「為替」の影響も受けていますので、その点は考慮しないといけません。

それでも、経済力が下がっている事実は変わりません。

会社員の平均給与もほぼ横ばいです。バブル以降ずっと増えていないのです。

ところが、株価は上昇しているのです。ここに気付いて欲しいのです。

リーマン・ショックで最安値を付けた日経平均株価は、7,162円でした。それが現在は、3万円近くになっているのです。

Next: 給料がそのままでも、お金を増やす方法はあった

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー