fbpx

トヨタ米販売「初の首位」は危険。中間選挙前のバイデン“円高制裁”と日本叩きに要警戒=今市太郎

トヨタ自動車が初めてGMを抜いて米国自動車販売で首位となりました。しかし、過去を振り返ると喜んでばかりもいられません。米国で日本製品が目立つようになると、為替を円高に引っ張られるなど、激しく叩かれた黒歴史を思い起こさせます。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

【関連】早期リタイア「FIRE」族の破綻が急増するワケ。日本人向けリタイアプラン「FIRA60」で仕事と老後の充実を得る方法とは?=榊原正幸

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2022年1月6日号の一部抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月分無料のお試し購読をどうぞ。

トヨタ、米国自動車販売で初の首位に

トヨタ自動車の2021年の米自動車販売台数が、GMを超えて初の首位となったことがわかりました。

100年近く首位の座を守ってきたGMの米国内セールスが、とうとう陥落したということで、本邦では大喜び。トヨタの株価も大きく上昇して、それを歓迎しています。

トヨタ自動車<7203> 日足(SBI証券提供)

トヨタ自動車<7203> 日足(SBI証券提供)

ただ、過去の本邦からの自動車輸出を巡る米国とのいざこざの歴史を知るものとしては、GMを抜いて米国販売1位がトヨタという状況を喜ばない向きも相当いそうです。

なにか良からぬことが起きないか、非常に心配になるものです。

過去にひどい制限を受けた日本車の対米輸出

80年代、日本車は米国で非常に評判が高く、対米輸出は驚くほど大きなビジネスになりました。

しかし、米国の自動車産業はこれをまったく良く思わず、デトロイトの労働者が日本車をハンマーでぶっ叩いて壊すとった衝撃的なイベントもありました。

米国の歴代政権は、日本車の対米輸出に台数上限を決めるなど、凄まじい制限を加えてきた歴史があります。

しかし、その後、日本の自動車メーカーは現地生産に尽力することで、米国で販売する自動車の大部分を米国内で生産することにしているのが実情で、状況は80年代とは大きく変化しています。

トヨタもこうした米国現地生産をいち早く実現したメーカーのひとつで、トランプ政権下では、米国での自動車生産で雇用を確保することを約束し、テキサスには巨大な工場も稼働しています。

そのため、単純に日本から自動車を輸出するメーカーではなくなっているのが現状です。

Next: レクサスほか高級車は日本から輸出。調子に乗ると為替で制裁される?

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー