fbpx

「2022年はドル高」を疑え。ここから“円高”に振れる5つのシナリオとFXトレード戦略=今市太郎

ドル円相場の下落要因その4:バイデンが中間選挙でボロ負けした時

今回ご紹介するリスクシナリオでもっとも可能性が高そうなのが、バイデンが11月の中間選挙でボロ負けすることにより、ドルが対円で大きく売られるシナリオです。

恐らく米国FRBの利上げスケジュールにも深刻な影響を及ぼすことになるでしょうから、ドル円も年間の上昇幅をすべて剥落させる動きになるのかも知れません。

さすがに11月段階でドル円がどの価格水準にあるのかはまったくわかりませんが、トランプが大統領に勝利した時の逆さまの状況を思えば、短期間に5円やそこいらの下落があってもおかしくはないはずです。

ドル円相場の下落要因その5:中央銀行バブル崩壊

さて、最後に挙げるのが、中央銀行バブル完全崩壊による相場の大暴落シナリオです。

もちろん足もとではそこまで危機的な状況が示現しているわけではありません。しかし、下げ局面で果敢に買い向かっている個人投資家も、そのほとんどがレバレッジをかけて借金しながら投資を行っているのが実情ですし、プロのファンドでさえ驚くほどレバレッジをかけて買い向かっているのが現実です。

国内では「レバナス民」などという不思議な名前もかなり知名度をあげていますが、指数取引であれ、個別取引であれ、レバレッジをかけているのはもはや当たり前で、追証が必要となるほど相場が下落すれば、すべての資本市場がいきなり全部売りに豹変するのはもっともあり得る破滅的未来といえます。

中央銀行バブルの崩壊というのは、人類史上初のネガティブイベントですから、どれだけの焼け野原になるのかはなってみないとわかりませんが、ドル円がいきなり円高にシフトするのには、どれもこれも情けなくなるようなこんな要因があるということは、予め理解しておいてもいいのではないでしょうか。

想定外のリスクに耐えられる柔軟性が必要

本邦は我々が認識している以上にろくでもない道に突き進んでいますから、これ以外にもいきなりテールリスクが飛び出すこともありそう。

ここから一方的にドル円がドル高に向かうと信じるのはかなり危険です。あらゆる事態に耐えられるだけの柔軟性が必要な年になるのではないでしょうか。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】2022年、NYダウは「いつ」下げに転じるか。ラウンドトップ形成後に急落? QTと出来高で“株高の後”を読む

【関連】竹中平蔵氏のドケチベーシックインカム月7万、コレじゃない感の危険な正体=今市太郎

【関連】ビットコインの過激な楽観論「2038年に10億ドル突破」は本当か?試金石はエルサルバドル法定通貨化=高島康司

<初月無料購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー>

※2022年2月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2022年2月配信分
  • ここからドル円が円高に振れるケースはどんなことが考えられるのか(2/2)
  • 2月1日ロンドンタイムショートコメント(2/1)
  • バイデンが示唆するロシアのSWIFTからの締め出しで金融市場でも大戦争勃発か(2/1)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2022年2月2日号の一部抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月分無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込880円)。

2022年1月配信分
  • 1月31日ロンドンタイムショートコメント(1/31)
  • 1月最終2月第一週相場分析(1/31)
  • 1月28日ロンドンタイムショートコメント(1/28)
  • 外人のリスクマネーは本邦市場から完全退場か~これこそ岸田ショックなのか?(1/28)
  • 1月27日ロンドンタイムショートコメント(1/27)
  • 腫れものに触るように余分な発言をしなかったパウエルFOMC会見(1/27)
  • 1月26日ロンドンタイムショートコメント(1/26)
  • インフレも暴落も知らない子供達、大人になって無防備にトレードして大丈夫?(1/26)
  • 1月25日ロンドンタイムショートコメント(1/25)
  • 本邦個人投資家が全く気にしていないロシアのウクライナ侵攻(1/25)
  • 1月24日ロンドンタイムショートコメント(1/24)
  • 1月最終週相場分析(1/24)
  • 1月21日ロンドンタイムショートコメント(1/21)
  • 黒田総裁が日本のエルドアンと呼ばれる絶望的な日は到来するのか?(1/21)
  • 1月20日ロンドンタイムショートコメント(1/20)
  • ドル円は債券金利上昇ではなく米株の下落に追随しそうな気配(1/20)
  • 1月19日ロンドンタイムショートコメント(1/19)
  • 高まるUK・ボリスジョンソン辞任リスク(1/19)
  • 1月18日ロンドンタイムショートコメント(1/18)
  • 日銀はおいそれと利上げをできる状況にない(1/18)
  • 1月17日ロンドンタイムショートコメント(1/17)
  • 1月第三週相場分析(1/17)
  • 1月14日ロンドンタイムショートコメント(1/14)
  • 1月ドル円相場はほぼシーズナルサイクル通りの動きか(1/14)
  • 1月13日ロンドンタイムショートコメント(1/13)
  • 米債金利上昇とドル円のきわめて微妙な関係(1/13)
  • 1月12日ロンドンタイムショートコメント(1/12)
  • カザフスタンの政変で露見しはじめたバイデンのファミリービジネス(1/12)
  • 1月11日ロンドンタイムショートコメント(1/11)
  • 本日深夜0時からのパウエルFRB議長再任指名承認公聴会に厳重注意(1/11)
  • 1月10日ロンドンタイムショートコメント(1/10)
  • 1月第二週相場分析(1/10)
  • 1月7日ロンドンタイムショートコメント(1/7)
  • FOMC議事録開示でようやく火がついた米債利回り上昇~ 株がさらに下落した場合本当にFRBは利上げできるのか(1/7)
  • 1月6日ロンドンタイムショートコメント(1/6)
  • トヨタが米国自動車販売でとうとう首位~まさか為替で痛い報復を受けたりしないよね(1/6)
  • 1月5日ロンドンタイムショートコメント(1/5)
  • あっさり116円を上抜けたドル円~ここからは政治が絡む動きが顕在化か(1/5)
  • 1月4日ロンドンタイムショートコメント(1/4)
  • ドル円過去10年の1月は7割が陰線引け~果たして今月は?(1/4)
  • 1月3日ロンドンタイムショートコメント(1/3)
  • 2022年新年特別版(1/3)

2022年1月のバックナンバーを購入する

【関連】トヨタは電気自動車を売っても儲からない。株価上昇が期待できる関連銘柄の大本命とは?=栫井駿介

【関連】天才投資家ジム・ロジャーズは「現金はゴミ」の時代に何を買う?3つの投資先を明言=花輪陽子

image by:Frederic Muller / Shutterstock.com
1 2 3

今市太郎の戦略的FX投資』(2022年2月2日号)より抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

今市太郎の戦略的FX投資

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日]
個人投資家がもっと得難いファンダメンタルズを徹底的に集めテクニカルで売買チャンスを探るFX投資家のためのメールマガジンです。土日を覗く平日毎日の配信となりますので、確実に日々の売買に役立てることが可能です。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー