fbpx

ソロスは第3次世界大戦を警戒、バフェットは買い向かう。大荒れ相場の「先」を当たり屋たちはどう見るか?=菅下清廣

先週半ば、NYダウは1,164ドル安の急落となった。FRBの金融引き締め、ウクライナ戦争、上海のロックダウンなど、多くの懸念材料が重なって大荒れの相場展開となっている。この状況を相場の「当たり屋」たちはどう見ているのだろうか?ソロスとバフェットの見方を紹介したい。(『菅下清廣の”波動からみる未来予測”』菅下清廣)

【関連】死ぬまで働かされる人生から脱出!「経済の千里眼」菅下清廣氏の新著紹介

※本記事は『菅下清廣の”波動からみる未来予測”』2022年5月9日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:菅下清廣(すぎした きよひろ)
国際金融コンサルタント、投資家、経済評論家、スガシタパートナーズ株式会社代表取締役、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。ウォール街での経験を生かした独自の視点で相場を先読みし、日本と世界経済の未来を次々と的中させてきた「富のスペシャリスト」として名を馳せている。「経済の千里眼」との異名も。著書に『今こそ「お金」の教養を身につけなさい』ほか多数。

天井園にあった米国株式市場

米国株に陰りが見え始めました。NYダウの急落、ナスダック指数も下げて安値を更新。仮想通貨市場も弱く、ビットコイン、イーサリアムなども下げている。

米FRBの金融引き締め策への転換、利上げ。それに、ウクライナ戦争の長期化、中国の上海ロックダウン(都市封鎖)などで、グローバル・マーケットは大荒れの展開となっています。

当分、世界の株式市場は荒模様、波高き相場が続きそうです。

私はメルマガ読者の皆さんには、年初から「米国株式市場は相場の波動から見て、すでに天井圏にある。いつ暴落してもおかしくないので、警戒するように」とメッセージを送っていました。

株安となる3つの条件

以前からお話ししているのですが、株安の3条件というのがあります。

その1. 金融引き締め、利上げ
その2. 増税 規制強化
その3. 国際情勢不安

米国は今まさにこの「株安3条件」が揃っています。だから目前の米国株安に驚きはないです。
私はすでに早くからキャッシュアップして、次の上昇相場に備えています。

下落調整局面に入った米国株が当面、どこで底入れするか?ウクライナ戦争の行方はいかに?などなど、天下の形勢を見極める時です。

「休むも相場」です。

NYのエリートから聞いた投資の金言

さて、はるか昔、私が30代の頃、ニューヨークのメリルリンチ本社で米国国債のディーラーの仕事を研修で経験したことがあります。

今やウォール街の名門メリルリンチの社名は消えてしまったが、当時全米最大手の証券会社で、MLGSI(MERRILL LYNCH GOVERNMENT SECURITIES INC)という国債、政府債取引の専門部署があった。

世界中の中央銀行や主要な金融機関が取引の相手で、取引単位が数千万ドルから数億ドルというビッグマネーが飛び交うオフィスだ。当然ディーラーはエリート集団。

その中に入って、米国国債の取引の実践の研修を受けました。おそらく日本人でも経験した人は少ないでしょう。ディーラーの隣の席に座って取引を聞かせてもらいました。

メリルリンチのディーラーが、「今日は東京からやってきたミスタースガシタが、この取引を聞いているのでよろしく」と言えば、相手は某中央銀行だったが、快諾してくれた。私にとって、若き日のまさに貴重な体験だった。

そのMLGSIで、私の研修期間ボスだった白人のエリートから、「ミスタースガシタ、ここは戦場だ。一瞬の油断や判断ミスで1,000万ドル、2,000万ドルの損失になる。だから、金融、数学の知識、能力がいくら優れていても、危機察知能力や瞬発力がなければ生き残ることはできない」と言われました。

Next: 総じて悲観的?ウォール街の「当たり屋」たちの最新予測は

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー