fbpx

超円安で「悪いインフレ」到来、日本人は人生ハードモードへ。来たるスタグフレーションに備えて資産を築く方法は?=俣野成敏

予期せぬ急激な円安に振り回される日本。これは、インフレーションを通り越したスタグフレーションの前触れなのでしょうか。今回は「インフレリスクを乗り越えて、資産を築く方法」特集をお送りします。(俣野成敏の『サラリーマンを「副業」にしよう』実践編

【関連】アフターコロナに海外起業の好機到来!経験者に聞く成功法則と英国・シンガポールの最新事情=俣野成敏

※本記事は有料メルマガ『俣野成敏の『サラリーマンを「副業」にしよう』実践編』2022年6月15日号の一部抜粋です。続編にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:俣野成敏(またのなるとし)
リストラと同時に公募された社内ベンチャー制度で一念発起。年商14億円の企業に育てる。33歳で東証一部上場グループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。2012年独立。フランチャイズオーナーや投資家として活動。サラリーマン時代に副業で出版した『プロフェッショナルサラリーマン』でビジネス書作家デビュー。「仕事術」「お金」「コンディション」「副業」などテーマは多岐にわたり、異分野で10万部超えを3度達成。著者累計は49万部。これからは、サラリーマンでも副業やお金の知識向上が不可欠と実感し、啓蒙に尽力している。ビジネス誌やwebメディア掲載実績多数。『まぐまぐ大賞』を6年連続受賞。

迫り来る値上げラッシュ…どう資産を築く?

今回は「インフレリスクを乗り越えて、資産を築く方法」特集をお送りします。

日本円の下落が止まりません。外国為替市場では、実に24年ぶりに1ドルが135円台を記録。ウクライナ紛争に端を発したエネルギー資源の高騰や食料品の値上げ。「日本の家計で値上げ許容度が高まってきている」と発言した日銀の黒田総裁は、批判を受けて発言の撤回に追い込まれました。

予期せぬ急激な円安に振り回される日本。これは、インフレーションを通り越したスタグフレーションの前触れなのでしょうか。

本日も、海外金融の専門家・織田耕平さんをゲストにお呼びしています。現在は、イギリスへと活動の場を移した織田さん。金融の専門家には、今の日本はどのように映っているのでしょうか。「一体、円安はどこまで進むのか?」「資産の目減りを防ぐ方法はあるのか?」等々、織田さんにお伺いしていきたいと思います(本特集は会話形式でお送りいたします)。

プロフィール:織田耕平(おりた こうへい)
国内の大手精密機械メーカー海外営業部に配属され、東南アジア・オセアニア地区のセールスマネジャーとして国際ビジネスの現場で経験を積んだ後、国内証券会社に転職。超富裕層を相手に、プライベートバンカーとして個人・法人の資産形成から事業承継に至るまでを一手に引き受ける。そこで航空機を用いた資産運用法と、それによる高い節税効果に気づき、航空機専門商社・リース会社に転職する。各業界を比較検討した結果、「これまでの経験すべてを活かせる場として、海外金融業界で生きていく」決意を胸に、2015年4月に起業。シンガポールにてJIFPA(S)PTE LTDを立ち上げる。現在は、JIFPASのCEOにて海外不動産コーディネーター、シンガポール富裕層へのコンサルティング、金融機関向けに金融商品の開発等を手がけている。

※本記事は、織田さんへの取材をもとに、筆者(俣野)が適宜内容を補って執筆しています。

良いインフレとは、どのようなものなのか?

俣野:今、日本でもインフレが起き始めていますが、この状況は金融の専門家から見て、いかがでしょうか。

織田:比較のために、私が在住しているイギリスの現状からお話しましょう。昨今のイギリスは、物価上昇が非常に激しくなっています。2022年4月のインフレ率は9%でした(TRADING ECONOMICSより)。

俣野:9%!やはり、コロナの影響でしょうか。

織田:コロナはもちろんのこと、ロシアのウクライナ侵攻に伴う燃料高、食料高が大きく響いているのだと思います。

ただ、イギリスと日本との大きな違いは、物価上昇に伴い、賃金も上がってきていることです。これは、当国がEUを離脱したのと関係があります。

離脱前は、東欧から安価な労働力が入ってきて、いわゆる3K業務(きつい、汚い、危険)の担い手となっていました。しかし離脱後に外国人労働者が入って来られなくなると、イギリス国内は深刻な人手不足に陥りました。

企業は人手を確保するために、賃金を上げざるを得なくなったのです。

もともと賃金の引き上げや原材料の高騰は、企業にとっては大きな負担になります。けれど、その分を価格に転嫁できるのであれば問題ありません。

これが、世間で言われている“良いインフレ”です。

俣野:日銀が目標としていた年間インフレ率2%がそれですね。

織田:はい。しかし、イギリスやアメリカなどにおいては、給与の上昇以上に激しいインフレが起きており、このままいけばリセッション(景気減速)に入る可能性も示唆されています。

俣野:良いインフレを通り越している、と?

織田:欧米が金利を上げようとしているのは、このインフレに歯止めをかけるためです。確かに、それは有効な手立ての1つではあるものの、日本ではそれができない状態です。

Next: 悪いインフレにどう対処すべきか?個人ができる防衛策

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー