fbpx

ジョブズ亡き後のアップル株をバフェットが“爆買い”した12の理由=八木翼

Q1:その企業は消費者独占力を持っているか

持っています。アップルはIT会社というよりは、デザイン会社の側面の方が強いです。消費者独占力は、他企業以上に強いものがあります。

Q2:その企業を理解しているか

理解しています。この会社のビジネスは、単純なように見えて、案外複雑です。

製造業もやっていますが、アプリも作っていて、それを使って金儲けできるシステムも確立しています。

アップル製品の在庫が積み増しされているという噂から、アップルの株価は大暴落していますが、もし、既に販売したアップル製品から継続的にお金を得られるのであれば、そこまで大きな損失にはならず、むしろ割安になってしまうのでは?

という可能性もあります。

今後の動向を分析してみましょう。

まずは、アップルが売っている商品の説明から見ていきましょう(当たり前ですが元は全部英語です。英語が読める人は英語で読んでいただいて結構です。読めない方は、重要な部分を私が要約していきますのでご覧ください)。

2015 Annual Reportに書かれている商品は、

商品(Products)

iPhone、iPad、Mac

OS

iOS、OS X、watchOS、tvOS、Application Software

サービス

Intenet srvices(iTUnes Store)、iCloud、アップルCare、アップル Pay

さて、その他の商品の欄もありますが、メインはこれらの商品ですね。OSは商品(Products)の中に含まれていますので、商品の売上を見れば、この会社のビジネスの実態がつかめます。

2015年時点でこんな感じです。

Products: 2015 割合
iPhone $155,041 66.34%
iPad $23,227 9.94%
Mac $25,471 10.90%
Services $19,909 8.52%
Other Products $10,067 4.31%
Total net sales $233,715 100.00%

iPhoneの割合がすごいですよね。

さて、もう一つアップルで大事なのが、どこで売れているかということですよね。自分としては、ブランドのイメージ評価としてこちらのほうが重要です。

というのも、正直な話、富裕層をしっかり確保できていればいいわけですよ。iPhoneはブランド品なので。

そう考えたときに、先進国の富裕層のシェアをしっかり維持できているかということが大事になってきます。

Net Sales: 2015 割合 Change 2014 Change 2013
Americas 93,864 40% 17% 80,095 4% 77,093
Europe 50,337 22% 14% 44,285 8% 40,980
Greater China 58,715 25% 84% 31,853 18% 27,016
Japan 15,706 7% 3% 15,314 11% 13,782
Rest of Asia 15,093 6% 34% 11,248 -7% 12,039
Total net sales 233,715 100% 28% 182,795 7% 170,910

割合のところを見てみると、やはり一番売れているのはアメリカです。次に中国、次にヨーロッパ、次に日本。というか、日本は金額の占める割合でみれば3%しかないんですね。

その他アジアに入れてしまってもよさそうなもんですが、故スティーブ・ジョブスが日本を好きだったので気を使ってくれているんですかね?(笑)

さて、ごらんのとおり、2015年までは順調に成長してきていますよね。しかし、アップルは直近の四半期報告で成長が止まりました。

そのため株価は下落しています。では、どこの地域の売上が減ったのでしょうか?
(前年比というのは、2015年の同四半期と比べてどれくらいの売上をあげたかを示しています)

2016 2015 前年比
Americas:
Net sales 19,096 21,316 90%
Operating income 6,116 7,186 85%
Europe:
Net sales 11,535 12,204 95%
Operating income 3,602 4,112 88%
Greater China:
Net sales 12,486 16,823 74%
Operating income 4,818 6,714 72%
Japan:
Net sales 4,281 3,457 124%
Operating income 1,930 1,699 114%
Rest of Asia Pacific:
Net sales 3,159 4,210 75%
Operating income 1,095 1,600 68%

というわけで、これを見ると日本以外の国では、すべて売上が減少しています。

特に減少著しいのは、中国とアジアです。個人的な見解としては、これらの国では中流階級が成長していない点があげられます。そのため、格安スマホが登場したので、安さを重視する層がそちらに流れ、高価格帯のiPhoneの所持をあきらめたのではないのかと考えます(個人的には、iPhoneはその方がブランド価値を高められる気さえします)。

確かにアップル売上の全体だけを見れば下落していますが、ブランドを確立する方向性としては、先進国での下落の割合は低く、富裕層を支配している可能性が高いため、今後も富裕層をメインに堅実な売上が見込めると考えるのが妥当ではないでしょうか?

さて、さらに商品別売上を見ていきましょう。

Net Sales 2016第1四半期 2015第1四半期 前年比
iPhone 32,857 40,282 82%
iPad 4,413 5,428 81%
Mac 5,107 5,615 91%
Services 5,991 4,996 120%
Other Products 2,189 1,689 130%
Total net sales 50,557 58,010 87%

商品別でみれば明確ですが、iPhone、iPadの売上が落ち、Servicesの売上が上昇しています。

これは、iPhone自体は多くの人がすでに所有していて買われなくなってきていますが、サービスは使われていて、収益が上がっていることを示しています。

もちろん、これが悪いこととは思いません。

スマホって1年で買い替えるものではないので(人によりますが2~4年の周期での買い替えではないでしょうか)、そうなれば、どうしたって需要に波は出ますよね。

しかし、サービスに波は出ません。使われていれば、サービスの売上は伸びるのです。

そういう意味で、私はサービスの売上に今後も注目していきたいです。このサービスが減りだしたら、「ん?大丈夫か?」と疑っていくべきだと思います。

Next: Q3:アップルの製品・サービスは20年後も陳腐化していないか?

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい