fbpx

ジョブズ亡き後のアップル株をバフェットが“爆買い”した12の理由=八木翼

Q10:その企業の株価は、相場全体の下落や景気後退、一時的な経営問題などのために下落しているか

PER:10.59倍

安いですね。バフェットが買っていることが発覚し、確かに株価は上昇しましたが、それ以上に四半期利益の減少で落ち込みました。だからと言って「もうiPhoneも終わりかー」と考えるのは、早計だと思いますね。

Q11:株式の利回りと利益の予想成長率を計算し、国債利回りと比較せよ

【1.予想成長率を求める】

まずは株主資本の予想成長率を求めましょう。

(必要な値)
10年平均ROE:35.6%
配当性向:20%

(式)
株主資本の予想成長率=5年平均ROE(1-配当性向)

(答え)
株主資本の予想成長率:28.4%

【2.予想BPSを求める】

さらに、今求めた、株主資本の予想成長率を使って、10年後の予想BPSも求めます。

(必要な値)
直近のBPS:23.81
株主資本の予想成長率:28.4%

(式)
10年後の予想BPS=直近のBPS×(1+株主資本の予想成長率)^10

(答え)
10年後の予想BPS:¥290.9

【3.予想EPSを求める】

この10年後の予想BPSに平均ROEをかけます。すると、10年後の予想EPSが得られます。

(必要な値)
10年後の予想BPS:¥290.9
平均ROE:35.6%

(式)
10年後の予想EPS=10年後の予想BPS×5年平均ROE

(答え)
10年後の予想EPS:¥103.42

【4.10年後予想株価を求める】

さて、予想EPSを求めたら、これに10年平均PERを掛ければ、10年後の株価を求めることができます。

(必要な値)
10年平均PER:24.8
10年後の予想EPS:¥103.42

(式)
10年後予想株価=10年平均PER×10年後予想EPS

(答え)
10年後予想株価:¥2,564.80

【5.年間期待収益率を求める】

10年後の予想株価を使って、年間にどれくらいのリターンが期待できるのかを計算します。

(必要な値)
・10年後の予想株価:¥2,564.80
・現在の株価:¥95

(式)
・年間期待収益率=((10年後の予想株価/現在の株価)^1/10)-1

(答え)
年間期待収益率:39.0%

【結果】

年間期待収益率高すぎねーか!?と思われるかと思います(笑)

はい、高すぎです。これはいくつかの理由がありまして、まず、アップルはこれまでずーっと人気株でしたので、PERが高いのです。

この計算では、PERは過去10年の平均に回帰するという考えのもと計算していますので、現在の10倍前後から、過去10年平均の24.8倍に戻ると計算しているのです。

しかし、これ以上の成長が期待できず、PERは低いまま落ち着く可能性もあります。

もし、PERが24.8倍にならず現状維持であっても27.7%、現在から半分のPERになったとしても19.1%の期待収益率です。

うん、バフェットが買う理由がよくわかります。安全域を十分に持ち、高い利回りを確保できる株式です。

Next: Q12:アップル株式を疑似債券と考え、期待収益率を計算せよ

1 2 3 4 5 6
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー