fbpx

黄門様はどこに消えた?悪代官と越後屋が癒着する現代日本「悪の構造」=施光恒

記事提供:『三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年3月31日号(黄門様に期待!)より
※本記事のタイトル・リード・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部によるものです

【関連】海外カジノ業者と国内パチンコ大手のタッグに「毟りとられる」日本人=施光恒

【関連】「観光立国日本」の危うさ~爆買い中国人が銀座を見捨てた真の理由=施光恒

現代の日本で蔓延する「悪徳商人と役人の癒着」を見逃すな

テレビ時代劇「水戸黄門」今年10月から復活

テレビ時代劇の「水戸黄門」が今年10月から復活するそうですね。前作は2011年に終わったので、6年ぶりの復活です。主演は武田鉄矢。博多弁交じりの黄門さまになるのではないかと少々心配です。残念ながら地上波ではなく、衛星(BS-TBS)のようですが、視聴率がよければ地上波に移ることもあるでしょうね。

私は結構、時代劇が好きですので楽しみです。また、いまの世の中こそ、水戸黄門のような「勧善懲悪型の時代劇」の復活が必要なのではないかと思います。

というのは、このところ、黄門さまご一行に吟味してほしい悪辣な事柄が、悲しいかな、増えてきているように思います。新しい水戸黄門では、ぜひ、次のような設定の回を作ってほしいです。そして、黄門さまに「助さん、格さん、懲らしめてやりなさい!」と言ってもらいたいものです。

ぜひ「水戸黄門」でやってもらいたい内容

  • 悪徳南蛮商人と癒着して、天下のご政道を捻じ曲げ、博打を解禁し、ご法度だったはずの賭場を江戸や上方、長崎などに大々的に作り、一般庶民からカネを巻き上げようとする役人や商人をとっちめる回
  • 莫大な口銭(手数料)を懐に入れるために、やはり天下のご政道を捻じ曲げ、ルソン辺りの婦女子の貧しさに付け込み、江戸や上方、相模などに彼女らを送り込んで女中奉公をさせようとたくらむ悪辣な口入屋やそれと結託する役人を成敗する回

以上の例もそうですが、水戸黄門をはじめとする時代劇でかつてよく見られた悪役は、強欲な商人、ならびに強欲商人と癒着する役人でした。そして、強欲商人と役人が結託して庶民を苛めている状況に主人公が気づき、懲らしめるという話が多かったのです。

現代日本における悪の構造

こうした悪辣な商人・役人連合は、私の見るところ、現在の日本にはびこっています。ですが、時代劇が少なくなったからでしょうか、世間はこうした財界と政界の癒着に鈍感になってしまったようです。あまり問題視しなくなっていると思えてなりません。

例えば、企業担当制です。

※参考:内閣府の「企業担当制」についてのサイト
http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10193682/www.invest-japan.go.jp/investment_advisor_assignment_system/index.html

企業担当制とは、以前も本メルマガで取り上げたことがありますが、「海外から日本に重要な投資をする企業には、安倍内閣の副大臣や政務官を相談相手につける」という制度です。

(下記のリンク先は「企業担当制」を批判した私のメルマガ記事です。
『企業担当制』という約束 – 「新」経世済民新聞 2015年4月3日配信

つまり、外国企業からさまざまな要望を直接聞き進出しやすいように各種の便宜をはかるというものです。悪く言えば、各省庁のナンバーツークラスを担当者としてつけ、グローバル企業の御用聞きをしようとするものです。

Next: 「グローバル企業の御用聞き」に堕ちた日本の官僚たち

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい