fbpx

試される三尊ボトム~102.65円超で引ければ最低2週間はドル買いモードに

ドル/円相場は16日、6月24日以来の安値99.54円まで売られたが、引け値は100円台に戻した。ザラバで大台割れを試した後、引け値で戻すパターンはしばしば強気トリガーになるケースがある。(『投資日報デイリーリポート』)

目先三尊ボトムからの買い場探し、引け値100円割れには要注意

強気トリガー

前回の本欄では「目先の下値はもし100円を割っても引け値で100円台に戻せば、強気トリガー」と述べていたが、これは実現された。

日足ベースのフォーメーションは6月24日以来、三尊を形成している。通常は天井圏で出現するパターンとして知られているが、底値圏で出現するケースも多い。ただし、次に100円を割って引けて来れば、このパターンは下げトレンド下の中段保合いと認識され、下値が深くなるので注意を要する

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

従ってストラテジーとしては、目先三尊ボトムから買い場を求めるが、100円割れの引け値にはストップロスを入れておく。

三尊の右肩(8月8日高値102.65円)を上回って引けて来れば、底打ちをほぼ確認する。

通常ならここから本格的に買い出動する。この場合、上値ラインは最低でも105円以上。底打ちなら最低でも2~3週間はドルは戻すと見る。

ドル指数は節目を割れたが…NY金三角保合い形成中

2週間前、当欄は以下の通り記述「相場はドル安/金高の流れが続くかも知れない。しかしドル指数が94付近に近づくと反転上昇する可能性が。裏返せばそこが金の反落ポイントになる可能性がある。金買いは現在減玉ポイントに入った」。

実際8月初頭にドル指数が上昇に転じると金は下落した。しかし、その後ドル指数が反落し95割れしても、NY金は上昇せず、7月以降高値切り下がり、安値切り上がりの三角保合いになっている。

気持ち悪いのは北米金鉱株指数(XAU指数)が先週高値を更新している点。これが異市場間弱気ダイバージェンスなら目先ドル数は100、NY金で1300ドルを目指す可能性がある。逆に金が現在の保合いを上放れると、9月までに1400~1450ドルを目指す。存外、答えは今週にも出るか。

【初出:商品版投資日報 8月18日号】

【関連】円高なのに下がらない日経平均株価は「18,000円」を目指している=長谷川雅一

【関連】「魔の8月」の恐れも。日銀の追加緩和を逆手に取る外国人投資家=江守哲

投資日報デイリーリポート』(2016年8月22日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

投資日報デイリーリポート

[無料 不定期]
商品先物・株式・為替等、金融市場の専門出版社である弊社発行の日刊紙『投資日報』掲載記事を日々選りすぐってお届けします。投資初心者の方から経験者の方まで、投資必勝のバイブル!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー