fbpx

米FRB議長『金利引き上げは先送りされるかも』と予測!これで春先の株価暴落は回避か

今年春~夏の日経平均暴落を心配していた資産管理の専門家・藤井まり子さんですが、FOMCの金利先送りにより、暴落も先送りとなったと話しています。上がり続ける相場はめったにありません。上昇中の日経平均の暴落はいつになるのでしょうか。

安倍政権はドル円の動きを100円~120円の間で収めようと熱望している

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』3月23日臨時増刊号より一部抜粋

日本株式市場も含めて、内外のグローバルな株式市場は、毎年、秋から春にかけて大幅上昇する傾向があります。そして、「Sell In May」の春から夏にかけて、毎年、大幅下落する傾向があります。

昨年2014年秋から2015年春にかけても、内外のグローバルな株式市場は、早々と将来を織り込み過ぎて、大幅上昇し過ぎました。今年もそろそろ「Sell In May」に注意しなければならない時期に差し掛かってきています!

ただし!ただし!!!
3月18日のFOMCでは、イエレンFRBは、アメリカの今後の経済成長と政策金利の見通し(予測)を、再び下方修正してきました!♪

ですから、今年の「Sell In May」では、「内外の株式市場ともに、20%~30%の暴落の危険性」は急速に低下!5%~15%くらいの「普通の調整」で済みそうなのです♪

特に、「今年の『Sell In May』では、日本株式市場は、日経平均で、『20%~30%の暴落』を覚悟しなければならないかもしれない」と、こちら「勝利の女神」では、大警戒態勢を敷いていました。

しかしながら!!!

・イエレンFOMCが3月18日のFOMCで金利引き上げ予測を先送りしてきたこと、

・英フィナンシャルタイムズも「日本経済の成長余力」を見直し始めたこと、(ここらあたりは、浜田浩二内閣官房参与や、原田泰・次期日銀審議委員などなどの、参謀の影響が大きいと思う!♪)

・これに伴い、内外の地道な機関投資家が国際分散投資の一環として、日本株を見直していること、

・GPIFの動向(高値掴みをしないで上手に日本株を底値で買い支えていること!)

などなど、ここにきて状況が「とても良い方向へ」急転してきました♪

そこで、「SellIn May」への警戒は引き続き継続するものの、「大警戒態勢」は解除することに決めました♪

2015年の春から夏にかけての「Sell In May」では、日本株式市場は、日経平均で言えば、5%~15%の「他の先進国並みの普通の調整」で済むのではないかと、急きょ判断し直しているところです!

少なくとも、安倍政権と浜田宏一氏をはじめとするその参謀たちは、

・「ドル円の動きを100円~120円の間で収めよう」と熱望しているし、

・「今後の日本株式市場は穏やかに上昇してゆくこと」を熱望しています。

安倍政権は、今後、足の短い投機筋:ヘッジファンドたちが暗躍し過ぎて、今年の春に日経平均があまりに実態とかけ離れて急上昇してゆくような事態が起きれば、具体的には、日経平均がフェアバリューの2万円をあっという間に飛び越えてゆくような事態が起きれば、この急上昇を抑え込むつもりなのではないのか?

すなわち、GPIFなどの公的年金資金を総動員して、「GPIFに高値圏で売り抜けさせ」て、急上昇を抑え込むつもりなのではないのか?

その反対に、彼らヘッジファンドたちが「Sell In May」で日本株を高値圏で売り抜けようとするならば、「GPIFに底値圏で買い支えさせ」て、大暴落を抑え込むつもりなのではないのか?

これが成功するか否かは別として、安倍政権とその参謀たちは、大真面目に、「日本株の穏やかな上昇」を熱望しているわけです。

日本の個人投資家がこの国策を利用しない手は無いです。

さて、今年2015年の「グローバルな株式市場」の「最大のテーマ」は、「アメリカFRBが11年ぶりに政策金利の引き上げに着手できるかどうか???」「着手できるならば、それは何時から着手できるのか???」です。

2015年の初頭では、「アメリカ・イエレンFRBは、6月ごろに、政策金利の引き上げ始めるのではないのか??」と見られていました。が、その後、直近の3月18日のFOMCで、アメリカFRBは、「政策金利の引き上げ着手を、6月から9月に先送りするかもしれない」との予測を発表しました!♪♪!!

これにより、「今年2015年の株式市場の大波乱は、2015年9月以降に先送りされた!♪」と、判断してよいでしょう!♪♪

内外の株式市場の20%~30%の大幅調整は、とりあえずは、2015年9月以降に先送りされと、判断してよいでしょう!♪

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』3月23日臨時増刊号より一部抜粋

有料メルマガ好評配信中

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート

[月額16,200円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「マクロ金融・資産形成 de あそぼ♪」の筆者:藤井まり子が、金融資産3,000万円以上の読者に向けて送る「富裕層向けの資産形成のプレミアム・レポート」。第一メルマガ「~de あそぼ♪~」が、「結論と要約だけ知りたいし、具体的に何をしたらよいの教えてほしい」と熱望しておられる愛読者様に、是非ともお勧めです。この第二プレミアム・メルマガの購読者の方々は、ゴールド会員として、よりきめ細やかなアドバイスも、常時双方向で無料提供します♪年金不安なんか、ぶっ飛ばしましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい