fbpx

実は生きていた「日本の土地本位制」が次のバブル景気を牽引する=児島康孝

不動産価格上昇で日本経済は回復する

このように、日本の銀行の様子をみますと、土地価格や不動産価格が上昇すれば日本経済は回復すると考えられます。良いか悪いかは別として、現実は、土地担保・不動産担保で回っているからです。

ですから、銀行でスキルを披露して融資を受けられるような感じに世の中が大きく変わらない限りは、「土地本位制」は続くことになります。

「土地本位制」によって1990年にバブルとなり、「土地本位制」によって日本経済は落ち込みました。そして、「土地本位制」によって回復に向かっているのが、いまの日本経済です。

欧米に比べてバブル崩壊後の低迷が厳しかったのも、「土地本位制」のマイナス方向での影響が大きかったことが原因でしょう。

これは、好む好まざるにかかわらず、銀行の担保が土地や不動産である限り不変です。アパートを銀行融資で買って、毎月のキャッシュ(=家賃)を手に入れるという成功例が出ていますが、これも日本ならではのケースといえるでしょう。

【関連】いよいよ「危険水域」に入った東京都心3区のマンションバブル=大前研一

【関連】日本人の賃金はなぜ「バブル期以来の人手不足」でも伸びないのか?=斎藤満

【関連】住宅ローンの「後から固定金利に借り換えよう」が危ない2つの理由=梶原真由美

1 2 3

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』(2017年6月1日)より抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!

[無料 日刊]
FRB緊急利下げへ」「日銀マイナス金利」をヒットさせた腕を生かし、海外投機筋、米・欧・日の中央銀行の最新情報をメルマガで!まぐまぐ殿堂入り、MONEY VOICE掲載メルマガ。為替FX・株式・資産運用のヒントに、一味違うメルマガ情報。※号外広告あり

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー